全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 デジタルカメラすくーる スクールブログ Nikon 1...

Nikon 1 続き

前回のブログで、Nikon 1 について触れましたが
実際に街に出て使ってみました。
(雑誌の記事を書く為に、発売前に貸し出しして頂いています)

鉄ちゃんではありませんが、走る電車を撮ってみました。
ローリングシャッターについて検証する為です。

ローリングシャッターの影響というのは、簡単に説明すると
電車が傾いてしまう!と言う事が発生することです。

センサーサイズが小さいので、既存の一眼レフ&ミラーレス動画に比べて
その度合いが少ないであろう!と考えられるからです。
結果は、検証途中なので厳密な事は書けませんが
撮ってすぐに見たモニタの印象では、確かにその度合いは小さい様です。

また10-100mmのパワーズームという交換レンズがありますが
このレンズのズームの動作音が、ほとんど聞こえません。
まるでビデオカメラのズームの様です。

既存の一眼レフ&ミラーレス動画だと、フォーカスやズームを動かす時に
出てしまう、操作音がボディを通じてノイズとしてマイクに集録されてしまうのです。
これもまだ検証途中なのですが、第一印象としては「良い」です。

既存の一眼レフ&ミラーレス動画というのが
スチル撮影時にライビュビューが出来るから、動画も撮れちゃうんだよね!
というオマケの機能に過ぎなかったのですが
これはもうビデオとして使えます。
録画時に常時AFは動作している!という点ももはやビデオです。

やはり「ミラーレスカメラ」ではなく新種別
「レンズ交換式アドバンストカメラ 」でした。

それにしても書くのも言うのも長いので
誰か略称を考えてくださ~い!

 

(2011年9月30日(金) 11:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブ写真~報道系まで担当。新型ストロボの開発にも携わるスペシャリスト

デジタルカメラすくーる
吉澤士郎 (カメラ)

吉祥寺・大泉学園・広尾・白金高輪

ブログ記事 ページ先頭へ