全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 デジタルカメラすくーる スクールブログ 動画

動画

必要に迫られて、ビデオカメラを買いました。

本来スチルのカメラマンですから動画の仕事依頼があっても
テレビ放送する分けではないので、民生機レベルで撮って
(と言ってもFullHDです)
納品は、DVDです。

でも、民生機ではやはり限界が、、、
ということで業務用ビデオカメラを導入!

やはり、かなり扱いやすいですね。

しかし、お客さんからは
「最近は一眼レフでも動画が撮れるからそれで動画の仕事をしているの?」と

いえいえ、コマーシャルの様な短い時間の動画ならそれで良いのですが
私の場合、ライブシーンなど舞台撮影系が多いんです。
「一眼の動画では、30分以上を連続して撮れませんから」と

何故?一眼動画は、長い時間撮れないのでしょうか、ご存知ですか?

大型の撮像素子の為、熱の問題があるから。
なんて回答もありますが
欧州などへ輸出する場合、動画が29分59秒を越えて撮れてしまうと
ビデオカメラ扱いとなり、関税が高いんです。

なんて複合的要因があるんですね。



ちなみに、一眼動画を撮影した場合
静止画の様な間隔でファイルを扱おうとしても
あまりにサイズが違うので皆さん慌ててしまうみたいですので
心して撮影してくださいね(って、ちょっと驚かせてみたりして、笑)


今後、動画も試してみたい!と思った方
是非、ご相談下さい。

日本でも個人レベルで最初に動画カメラを所有していた家の末裔の私ですから、、

 

(2011年8月29日(月) 18:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブ写真~報道系まで担当。新型ストロボの開発にも携わるスペシャリスト

デジタルカメラすくーる
吉澤士郎 (カメラ)

吉祥寺・大泉学園・広尾・白金高輪

ブログ記事 ページ先頭へ