全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室神奈川 メカラウロコノ写真術 スクールブログ 花火で火花?

花火で火花?

こんにちは、「メカラウロコノ写真術」講師の大和です。

何気なく広げた雑誌に「神奈川新聞花火大会」の文字。

「そういえば、今まで花火って撮影していなかったな」と

思い立ち、カメラを持ってふらりと出かけました。

御存知の方もいると思いますが、花火の撮影というのは、

ちょっと特殊。カメラの設定なども色々と面倒ですが、

基本的には長時間露光ということになるので、安定した

像を得るために、三脚とレリーズくらいは用意します。

さて、会場についたのは30分前。既に物凄い人で溢れて

います。

三脚を立てる場所を何とか確保し、撮影準備を始めたその時

近くでカメラマンと観客の小競り合いが始まりました。

幸いすぐに収まったのですが、何だか三脚を立てるのが

気まずい感じに・・・

結局、あまり撮影という感じでも無く、30分ほどで会場を

後にしました。

そして、その帰路、ふと仲間の言葉を思い出しました。

“花火撮影はとにかく場所取りが大切。”

そうか!花火が撮りたければ、よく下調べをしてしっかりと

場所を確保し、何事も万端で臨まなければならない。

周囲とのコミュニケーション。

これも大事な撮影術、ですね。



花火で火花?

(2011年8月18日(木) 23:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

企業でカメラ講師経験も。ブライダル~芸能プロダクション撮影までする先生

ブログ記事 ページ先頭へ