サイタ趣味の習い事カメラ教室岩手 お散歩写真 スクールブログ カメラなんて何...

カメラなんて何でもいい!?−3

撮影が終わったら次はセレクトです。
自分が撮ろうと思ったイメージを的確に捉えているか
自分なりに良いと思った写真とNGの写真をセレクトしてみてください。
セレクト作業をすることで自分が撮った写真を客観的に見ることができます。
その際にはその写真の何が良いと思ったのか
逆に何がだめだと思ったのか、を具体的に考えるようにしましょう。

そういったことを考え話していくことで
被写体に対しての見方・捉え方の感性が磨かれていくと思います。

写真がデジタルデータになり
補正や画像処理など大概のことが簡単にできるようになりました。
でも、被写体の捉え方は自分にしかできない捉え方なのです。
そういった皆さんの持っている感性を大事にしながら
テクニックも含めてアドバイスをしていければ
と思っています。

カメラなんて何でもいい!?−3

(2011年8月11日(木) 0:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広告会社勤務経験。機関車撮影に熱中した先生の夢中になるレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ