サイタ趣味の習い事カメラ教室埼玉 写真世界 スクールブログ 今日は

今日は

ありがとうございました。

あなたの写真には対象を見据える強さ、直截な強さがあると思います。
今後は、視点のバリエーションというか、
ダイナミズムというか、ある種の動性を意識すると良いと思います。
わかりにくければ、優れたマンガのコマ割り、ということです。
ズームは便利なのですが、あなた自身が被写体との間合いを意識して動いてみると良いと思います。

最終形態として写真の画帳製作を志向しているのですから
多くの作家さんのセレクトや並びを意識して見るようにしてください。

それと、これはわかりにくい言い方なのですが
対象を含めた周辺の「自分が考えている物の意味性」を
一旦「意味の無い秩序や配列に還元する」と
より見えてくるものがあるかもしれません。




「これが好きです」と見せていただいた写真集はわたしも素晴らしいと思います。
あれを可能にしたのは、被写体の魅力と、
その懐に入ることのできる撮影者との関係性如何なのでしょうが、
つまり、誰でもかたちにできるものではないのかも知れませんが、
それでもこの写真集から、あなたは今後、多くを読み取ることになるはずです。

 

(2011年6月26日(日) 16:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

今からでも遅くない。30歳で写真に魅せられた。撮る喜びを学ぶ

ブログ記事 ページ先頭へ