サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 きままな写真時間 スクールブログ 時間よ!止まっ...

時間よ!止まって、流れろ!

今回は走っているランナーをカッコ良く撮りたい!
というリクエストを頂き、「流し撮り」のレッスンを実践してみました。

こんな雰囲気の写真は、これまでに見たことがあるでしょう。
「流し撮り」はスピード感が強調され、
被写体が動いている様子が写真から伝わってくる撮影方法です。

動いている被写体に合わせてカメラを動かすわけだから、
写真撮影の基本である「カメラが動かないようにしっかり構えて撮る」
という教えとは、まったく逆のことをやってしまう・・・
だからちょっと大変でした。

最初は、うまく撮影できなかった生徒さんも、
何となくコツを掴んでくると、
うまい具合に流れが強調される写真になって来たよ!

もうこれは、何回も練習するしかない!

生徒さんも「イメージに通りの写真を撮るのは本当に難しいですねー
でも、楽しい!」と言って頂けた!

そうです作品を作ることは大変です。
自身のイメージに近づけて行く為には、
コツコツと積み上げていくしか方法はありません。

大変ですが、その経験が、自身の表現の糧となっていくわけで、
それが創作することの面白さであり、難しさであり、
醍醐味でもあります。
いい機材や、高価なカメラを使ったから、
良い写真が撮れるわけではありません。

何事もそうですが、地道に続ける努力をするしか
上手くなる方法は無いのです。

しかし、何にでもコツはあります。
コツを知ることで上達はグンと早くなります。

そんなコツを少しでも教えてあげることができれば、
僕は幸いです。








時間よ!止まって、流れろ!

(2011年4月17日(日) 6:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務15年!“想いをカメラに"笑い上戸のコーチがあなたをカメラの虜に!

新着記事

先日、電車の中から、見たホームの夕景がとても奇麗だったので、 思わずカメラを出して、シャッターを押してしまった。 シャッターチャンスはいつ訪れるか分かりません。 その瞬間は躊躇せず思いっきり撮りましょう! と言っても、周りの迷惑にならない様に注意することは 最低限のマナーです...

菜の花の花言葉は「小さな幸せ」です。 花を撮影する時はよくマクロレンズを使いますが、 逆に望遠レンズを使ってある程度の距離から撮ると、 奥行き感のある写真が撮れてとてもキレイですよ。 周辺をトロけるようなボケで楽しむのは、 絞りを活用した表現のひとつ。

先日、生徒さんと自由が丘を散策しながら、 撮影レッスンをやりました。 日常見慣れた街並も、少し視点を変えると、 ポストカードを見ているかのような風景に変化しますよ。

「ヒラヒラ、カラフル、可憐」・・・・ 女性は、花を象徴する要素を持つものを愛で、 それらを「可愛い」と呼びます。 スカートやワンピースなどは花の象徴そのものですよね。 彼女たちはこの「ヒラ・カラ・カレ」を服装だけでなく、 持ち物や、頭や首などに飾って楽しみます。 これらを象...

今回は走っているランナーをカッコ良く撮りたい! というリクエストを頂き、「流し撮り」のレッスンを実践してみました。 こんな雰囲気の写真は、これまでに見たことがあるでしょう。 「流し撮り」はスピード感が強調され、 被写体が動いている様子が写真から伝わってくる撮影方法です。 動い...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ