サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 楽園カメラ講座 スクールブログ 被災地の街を

被災地の街を

海岸線に沿って走り抜けながら、
嘘のような海の穏やかさに目がひかれました。

いつもは自然を謳歌しているけれど
僕たちは「自然」に生かされているんですね。

自然の厳しさから少し目を背けて、
楽に暮らそうとしすぎていないでしょうか

雪が降ったらチェーンが売り切れ、
ガソリンひとつでオタオタする。

都会ってそんなに危ういところだったでしょうか
僕も東京に憧れてきた人間です。
もっと自由に生きられるところだと思ってる。

物が無くては生きられないんじゃなく、
あって当たり前の僕たちが、なにか違う。

残された自然を撮って残すのが僕の仕事じゃない。
自然をもっと感動したい仕事です。

 

(2011年3月16日(水) 12:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

写真学校の講師歴10年!「一瞬」を収めて、写真も人生も生き生きさせる

新着記事

春の足音が聞こえてくるようです。 雪の好きな私には複雑?です。 うれしいような、寂しいような・・ でも何か新しいものに出会えそうな気がします。 心のどこかで そうなって欲しいと思っているのでしょうか。

外に出よう。 まだ陽射しは暑いけれど 日陰はホッとする季節になってきました。 見慣れた景色も初秋の匂いがします。 そんな空気を写して歩くのも素敵です。 そばに誰かがいたらもっといいね。

お嬢さんがゴルフのプロテストに合格しました。 結構可愛い女性です。 いまから写真を撮るのが楽しみです。 まわりから騒がれるくらい人気と実力を備えて 欲しいと思います。 僕も稼いでくれる?子供がほしい。

激しい雨を車のフロントグラスに叩き付けてきます。 すべてのものを流し去ってくれるような雨粒です。 ウィンドウを少し下げて シャッターを押してみたら 白い雨の筋しか写りませんでした。 雨に負けない激しさで写真を撮りたい。 ひとを愛したい。

休み無く仕事の日々でした。 明日は久し振りの休日だあ! 最近、とんでもない事に気がつきました。 それは1/250シャッタースピードで 手ぶれをしたこと。 白髪が増えることよりショックです。 意地を張らないで、手ぶれ防止のスイッチは ONにするべきか。 あの微妙な手応...

ブログ記事 ページ先頭へ