全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 写真生活はじめましょう スクールブログ 天災 地震に対...

天災 地震に対しての心構え

被災者の方には心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ、予断を許さない状態ではありますが、

★地震が起こったら
必ず窓を開けてください。(ガラス扉は割って脱出できるのでそのままで良いです)
家にいる人は、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、電力が安定したらご飯を炊いてください。冷やして一口ずつラップにくるんで冷蔵庫で保管しましょう。
水道が一旦止まって再開した場合は水質に注意してください。はじめのうちは飲用に向かない場合があります。

★災害用伝言ダイヤル「171」
*被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.自宅の電話番号を押す。
3.伝言を録音する。
*安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.安否を確認したい方の電話番号を押す。
3.録音された伝言を再生する。


関東は公衆電話が無料になりました。

★各携帯キャリアの災害用伝言サービスが開設されてます。
お使いのキャリアのトップページをご確認下さい。

★電気屋さんからの忠告!
ただ今地震で停電している地帯の方は一旦ブレーカーを全て落として下さい。通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。漏電による火災を防ぎましょう。

電気工事屋さんからの忠告。
切れた電線が地面に接してる場合、直接触らなくても数m以内に近づくだけで電撃食らう可能性がある。
あと、ブレーカー落とすより先に家中のコンセント抜いたほうがいい。
配電ボックスはプラスチックの箱の中にすぐ高圧電流流れてるから下手に触ると感電する。

★東京の方々
外に避難されている方、渋谷新宿等ビル看板が多いので落下物危険です。
できれば代々木公園や新宿御苑等広くて頭上に何もない空間へ避難してください!
余震が続けば落下物の可能性があります!
公共放送で避難場所を随時放送していますので参考にしてください。決してうわさや口コミ・デマに惑わされないように。犯罪にまきこまれます。

★海や川に近い方。
地震の後に水が引くのは大きな津波が来る前兆です。仮に引かなくても早く高台へ避難してください!!!川、海へ近付かないでください!津波は時に新幹線よりも速いスピードで襲ってきます!!!

★怪我をした方々
頭部の出血は布で傷口を覆ってください。
下肢の出血は太ももの付け根を縛って
肘より先の出血の場合は二の腕の内側を縛ってください。
上腕の出血は腕の付け根を縛って
※一時間おきに縛っている布をゆるめてください。

★ネット関連
*NTTがインターネットに災害用伝言板を開設https://www.web171.jp/被災地との間で電話が通じにくくなっている状況に対応するため、インターネットを利用して安否確認を行えるサービス。

*東北災害対策掲示板−みんなの掲示板: http://bit.ly/h1wRfg

*グーグルが Person Finder: 2011 日本地震 を立ち上げました。 http://bit.ly/ebNMey

*停電している方。こちらで情報を得られれば。 http://www.ustream.tv/channel/matsuddo-room

★人災
災害に乗じて、犯罪増えてます。
女性を狙った性犯罪(公共のトイレなどは大変危険です、絶対一人にならないように声を掛け合って)、警察と偽る詐欺電話・訪問、空き巣・強盗など気をつけて。身分証明を確認すること。
命が一番大事です、もし遭遇したら大声出して逃げてください。
連携を取って行動しましょう。
-単独行動は厳禁です-


「デマに注意」

災害時にはデマが横行します。情報の出所には充分注意して下さい。公共機関やテレビ・ラジオからの情報を元に行動してください。
インターネットの情報は信頼できるソースだけを見るようにしましょう。2chやツイッターその他SNSは情報の信頼性に乏しく、噂や集団心理で情報が独り歩きをしたり、悪意を以ってデマを流す輩が横行しております。

とにかくあわてず冷静に(写真にも言えるけど)行動するのが大事です。

 

(2011年3月13日(日) 18:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ向けの撮影講座も行う先生が要望に沿ったテクニックを伝授

写真生活はじめましょう
渡邊清一 (カメラ)

池袋・大塚・巣鴨・赤羽・板橋・王子・大山・新板橋

ブログ記事 ページ先頭へ