全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 デジタルカメラすくーる スクールブログ 行きつけのカメ...

行きつけのカメラ店にて、昔に戻った一瞬

カウンターにとあるカメラ雑誌があったので
パラパラとめくってみた。

女性向けのカメラ雑誌で
フイルム回帰がテーマの号だったようである。

その中に取り上げられていたカメラが
とても懐かしかった。

そのカメラは「ローライ35」

私が全国的な写真のコンテストで、
初めて入賞した写真を撮ったカメラである。

当時は父から借りて中学校の修学旅行の時に使っていたのだ

「絞り」も「シャッター速度」も「ピント」もマニュアル
しかも「ピント」に関しては
目測なのである
今では、考えられないかもしれないが
「たぶんこのくらいの距離だよなぁ、、、」と思って
シャッターを押していた。

3泊4日の修学旅行で4本のネガカラーフィルムを持って行った。
まだカメラは高級品!だったので
個人での携帯は禁止。
班別行動をするグループで1台しか持って来てはいけない約束になっていた。
4本目のフィルムが無くなったのは、帰りの新幹線に乗る直前の
京都駅だった。

実は、1本だけモノクロのフィルムを持って行っていて
帰りの新幹線車内で友人を撮った写真がコンテストに入賞した写真だ
5枚の組写真だったのだが
昨年、卒業以来初めて出席した同窓会で当時の写真に写っていた友人が
「あの写真、いまでも持っているよ!」と

すっかり忘れていたが、入賞した写真のモデルになった友人には
プリントしてプレゼントしていたんだった
30年以上前の写真を、大切に持っていてくれたなんて
少し照れたけど、とっても嬉しかった!

「ローライ35」
僕にとってこのカメラは、
中学生時代に連れて行ってくれるカメラかもしれない

 

(2011年2月28日(月) 22:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブ写真~報道系まで担当。新型ストロボの開発にも携わるスペシャリスト

デジタルカメラすくーる
吉澤士郎 (カメラ)

吉祥寺・大泉学園・広尾・白金高輪

ブログ記事 ページ先頭へ