サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 きままな写真時間 スクールブログ カメラ選びのち...

カメラ選びのちょっとしたコツ その1

思い描く表現を実現するための機材選びって、
けっこう難しいかもしれませんね。

デジタルカメラには大きく分けて、
コンパクトタイプと、一眼レフタイプがあります。

コンパクトタイプをおすすめする時は、
まず、手に収まるものを選ぶこと。
大きすぎると携行が煩わしいし、
小さすぎると手ぶれの原因にもなります。

そして、やはりデザインは重要!
気に入っていつも持ち歩きたくなる
ようなものではないと、そのうち飽きてしまいます。

いかしたカメラを手に、街に出てみてるだけでも
気分は上々!

まず、好きなカメラのファインダーから、
世の中を覗いてみることからはじめてみましょう!

それと写真集はたくさん見たほうがいいです。
写真集には様々な「きっかけ」のような
ものが詰まっています。
それを見て行動するのもひとつの手ですよ。


カメラ選びのちょっとしたコツ その1

(2010年11月18日(木) 1:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務15年!“想いをカメラに"笑い上戸のコーチがあなたをカメラの虜に!

新着記事

先日、電車の中から、見たホームの夕景がとても奇麗だったので、 思わずカメラを出して、シャッターを押してしまった。 シャッターチャンスはいつ訪れるか分かりません。 その瞬間は躊躇せず思いっきり撮りましょう! と言っても、周りの迷惑にならない様に注意することは 最低限のマナーです...

菜の花の花言葉は「小さな幸せ」です。 花を撮影する時はよくマクロレンズを使いますが、 逆に望遠レンズを使ってある程度の距離から撮ると、 奥行き感のある写真が撮れてとてもキレイですよ。 周辺をトロけるようなボケで楽しむのは、 絞りを活用した表現のひとつ。

先日、生徒さんと自由が丘を散策しながら、 撮影レッスンをやりました。 日常見慣れた街並も、少し視点を変えると、 ポストカードを見ているかのような風景に変化しますよ。

「ヒラヒラ、カラフル、可憐」・・・・ 女性は、花を象徴する要素を持つものを愛で、 それらを「可愛い」と呼びます。 スカートやワンピースなどは花の象徴そのものですよね。 彼女たちはこの「ヒラ・カラ・カレ」を服装だけでなく、 持ち物や、頭や首などに飾って楽しみます。 これらを象...

今回は走っているランナーをカッコ良く撮りたい! というリクエストを頂き、「流し撮り」のレッスンを実践してみました。 こんな雰囲気の写真は、これまでに見たことがあるでしょう。 「流し撮り」はスピード感が強調され、 被写体が動いている様子が写真から伝わってくる撮影方法です。 動い...

ブログ記事 ページ先頭へ