全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室埼玉 とことん自由な写真講座 スクールブログ 写真とコトバ

写真とコトバ

こんにちは、「とことん~」 コーチの宮崎です。

皆さんは写真展なり、写真作品などをジカに見た事があるでしょうか?

以前にも書きましたが、プリント、つまり印画紙に感光させる「写真」はキレイなものです。
あ、私はモニターでみるデータ画像も「写真」という範疇に入ると思うので、あえて印画紙に感光させた写真は「プリント」と呼びます。

撮影者がプリントをギャラリーなどに飾る場合は、当然その撮影者なりのコダワリをいれたプリントになりますが、滑らかなグラデーションにしろ強い光と影を強調した硬いプリントにしろ、見ていて楽しいものです。

でも私には前からある疑問があります、それは「なんかコトバで語ることがおおくない?」というコトです。

写真展によくあるんですが、撮影者の「説明書き」のパネルが最初に、あるいは最後に飾ってあるんです。

写真をコトバでうんぬんするのは、ヒトにもよるでしょうが、面白くないんですよ。

あえて言ってしまいますが、写真に関してあーだこーだ言ってる評論家の本が、面白かったタメシはありません。
「だからなんだよ?」というのがいつもの感想です、大体、読むのもメンドウなくらいワケがわかりません、写真をボケッと眺めているほうがよほどいろいろアタマに浮かびます。

コトバでぐちゃぐちゃ解説したり、写真のリクツを並べるのは、やはり作品に力が無いか、商売を見越してやってるんだと思います。

まあ、写真評論で食べてる方もたくさんいらっしゃるでしょうから、それはそれで勝手にすればいいと思いますが、難解な評論やウンチクよりは、グラビアアイドルの写真集でも眺めていたほうがなんぼかマシです、最近のタレントさん、キレイだしね~。

せっかくデジカメがこれだけ普及したんだから、「写真の堅苦しさ」はもうケッコウ!というのが正直な感想です。

一般人が遠く離れてしまうような、閉鎖的な「写真界」というギョーカイには、どうも魅了されないので、今回は少しシビアなホンネで攻めてみました。

 

(2010年6月15日(火) 16:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

食べ物、お子さんを撮りたい方も必見!型にはまらないレクチャー

ブログ記事 ページ先頭へ