サイタ趣味の習い事カメラ教室埼玉 とことん自由な写真講座 スクールブログ ノーファインダ...

ノーファインダー

こんにちは、「とことん~」 コーチの宮崎です。

先日、横浜へ行ってきました、久しぶりの横浜でしたので、仕事が終わってもそのままフラフラとウロついてきました。
横浜というと、一般的な印象はどこになるんでしょう?、やはり中華街か山下公園、みなとみらいといったところでしょうか。
 私は個人的に、「野毛」 という飲み屋、風俗の集まる街が好きなんです。
そこの風俗店には入ったコトがありませんが(笑)、飲み屋は横浜にいくたびに寄ります。

 街中をちょいちょいスナップした後、ちょっと思いつきで、ラーメン屋さんでカメラを取り出し、
ノーファインダーで店内を撮ってみました。
 
ノーファインダーとは、ファインダーやモニター画面を見ないで撮る、つまり目で確認しないで、サッ、と撮ってしまうやりかたです。

 人間とはもうそういうふうに出来ているのか、目で何かを確認すると、脳でアレコレ考えてしまいます。
 でも本来、写真は一瞬の切り取りです、一瞬の時間を止めてしまえるコトが写真の醍醐味であり魅力です。
 異論のある方もいらっしゃるとは思いますが、私は個人的見解として、目で見てシャッターを判断しているようでは、手遅れだな、と思っているのです。
 「そんなバカな、そんなのテキトウじゃないか」と思われる事も承知で言いますが、例えばタレントさんを撮る時に、「はい、チーズ」とやるプロはいません、流れるようにシャッターを切り、その流れの中でいいショットを作り出していきます。
 タレント写真は、依頼主がある商品ですから、大量のフィルムやデータからベストを選び出していく作業が不可欠になっています。 言ってみれば、登山の極地法に似ています、わかりずらいか?
 それにスナップとモデル撮影の最大の違いは、撮られているほうも、撮られるとわかってやっているというコトです。

つまり、流れの中で撮ってはいても、そこには「撮られている」という意識が存在します、しかしスナップにはその「撮られている」という意識が無い方がいい場合が、往々にしてあると思うのです。
 普通、一般の方はカメラを向けられると、多少なりとも緊張します。 でもスナップのように人物の存在感をあるがままに撮りたいときは、カメラを意識させる事はほぼマイナスです。
 あ、記念写真的な撮り方は別ですよ、作家の椎名誠さんは、カメラを意識させる、させないの使い分けが上手ですよね、ノーファインダーではないと思いますが。

 ですが、やはり人間は意識していない状態が素だと感じます。
続きはまた書きますが、横浜ノーファインダー写真、アップしますね。

 

(2010年6月2日(水) 11:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

食べ物、お子さんを撮りたい方も必見!型にはまらないレクチャー

新着記事

こんちは。 えー、まず最初に書いちゃいますが、今回は写真は載せません。 安易に写真を載せる気にはなれないテーマなのです。 先日、千葉県船橋市で行われた原発再稼動反対デモに、少しの時間ながら参加してきました。 正直、デモという方法にはすんなり同意できない気持ちがありました...

ご無沙汰しております。 えー、今月アタマだったと思いますが、「文学フリマ」というオタクの祭典みたいなイベントに行ってきました。 このブログにも何度か名前が登場している、「野宿野朗」 編集長&社長、かとうちあきに教わりまして・・・。 まあ、最近はオタクといえど侮れず、熱気のあ...

こんちは どこへ向かっているのか分らない会社(のようなもの) 野宿野朗!、会社説明会&入社式、参加してきました。 前のブログ、「野宿野朗」を読んでない方はまったく意味がわからないと思いますが、かまわず先へ進みます。 暴走する代表「かとうちあき」、そしてかとうをフォローするの...

こんちは、今日は2本、書きます。  またもや、イカレたヒトに会ってきました。    高野秀行さんという方です。 知ってる方はよく知っているでしょう、あの作家の高野さんです。  高野さんは「エンターテイメント ノンフィクション」 (略してエンタメノンフ)というジャンル...

こんちは 10年~15年前の写真専門雑誌(CAPAとか、アサヒカメラとか)を読んでいた方しか知らないかもしれませんが、サンダー平山さんという写真家がいました。 サンダー(よく知っているヒトなので、敬称略でいきます)は、昨年9月末に亡くなりました。  いや、正確に言うと、亡くな...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ