全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室埼玉 とことん自由な写真講座 スクールブログ 酒と写真

酒と写真

こんにちは、「とことん自由な写真講座」 コーチの宮崎です。

すっかり暖かくなったと思えば、なんか寒かったり、気候も世間もなんか不安定ですね。

ワタシは写真を職業と選んだ段階で、すでに一般社会からは落ちこぼれた気分でいますから、
ノーテンキかもしれません(笑)

さて、今回は「酒」がテーマです(笑)

飲めないヒトにはごめんなさい・・・、カメラにも関係ある話になりますので、止めないで読んで下さい。

前にも書きましたが、皆さんとの待ち合わせやミーティングに使わせてもらう、新宿「ベルク」。
あそこはビールやワインを飲みながら、展示してある写真や絵を眺められる場所です。

個人的感想ですが、写真や絵を飾り、飲み屋をやりたいと考えているヒトは、結構多くいるような
気がします、なんでか、写真で食う事を止めて、飲み屋に転身した知り合いも何人かいます。

正直、いいなあと思います、私も飲み食いが好きなので、飲み屋をやりながら写真家を続けることが目標になりそうな気配・・・。
いきおい、食べ物の写真も多く撮るようになります。

つまみになる魚介類なんかもついつい、カメラを向けます、先日のマグロなんかね(笑)

自分が無条件に好きなものを撮る!、これはいいですよ。 

アタマで考えながら撮る事も必要ですが、イキオイだけで撮っちゃうのも大事!。

ワタシなんかは後で飲む事を思い、ヨダレたらしながら撮ります(笑)

サケ飲むかたわらにカメラ置いとくと、ついついキケンな場所でも写真を撮ってしまうので、モラル的にどうかな?、とも思うんですけどね、まあ、いいか。(自己弁護)

アップの写真は、タコです。

食い物シリーズになりそうだな・・・

 

(2010年4月20日(火) 15:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

食べ物、お子さんを撮りたい方も必見!型にはまらないレクチャー

ブログ記事 ページ先頭へ