全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室スクールブログ

カメラ教室 スクールブログ

最新記事

カメラの先生直筆、スクールブログの最新記事を、更新順にご紹介!

写真の上達 62「イルミネーションをより華やかに写すレッスン」
写真の上達 62「イルミネーションをより華やかに写すレッスン」
 イルミネーションの美しい季節になりました。   写真の上達シリーズ62回目は「イルミネーションをより華やかに」   がテーマです。   イルミネーションをそのまま撮影...
(カメラ教室 ヨコヤマ写真スクール 横山明コーチ)
毎日、スマホで大丈夫!!
毎日、スマホで大丈夫!!
皆さん! 風邪ひいてないですか〜!? 相変わらず、カメラ持ってあっちこっちと忙しいですがカメラと言っても デジタル一眼ではなく、iphoneです。 いつも言ってる圧倒的...
(カメラ教室 タイチのカメラスクール 山田太一コーチ)
ステップアップするならいろんな作品・意見を聴く!見る!
ステップアップするならいろんな作品・意見を聴く!見る!
と 言ってもたいそうなことではありません。 先日、大阪で行われた「大人の写真文化祭」に参加してきました。 好きな写真家のセミナーだったり、各業界の即売会など情報収集するのに良...
(カメラ教室 タイチのカメラスクール 山田太一コーチ)
アクセスランキング

サイタのカメラ教室のブログ記事から、過去1週間のアクセス数が多かった順に掲載!

1位

「逆光:ダイヤモンド富士」の撮影テクニック・・・③解説

今回は「逆光:ダイヤモンド富士」を例に撮影テクニックを公開! ・ダイヤモンド富士は、年間毎日一日2回(朝晩)撮影可能です。 【つまり、天候次第ですが、一年間に730回の撮影チャンスが・・・】 ・コツを覚えればフィルムでもデジ...

2位

毎日、スマホで大丈夫!!

皆さん! 風邪ひいてないですか〜!? 相変わらず、カメラ持ってあっちこっちと忙しいですがカメラと言っても デジタル一眼ではなく、iphoneです。 いつも言ってる圧倒的な量を撮る! を スマホでもしているんです。 ...

3位

写真の上達 62「イルミネーションをより華やかに写すレッスン」

 イルミネーションの美しい季節になりました。   写真の上達シリーズ62回目は「イルミネーションをより華やかに」   がテーマです。   イルミネーションをそのまま撮影すると、点光源のため あまり華やかに写らな...

4位

四隅が暗く写る

おはようございます(^_-)-☆ この写真は夏の空を撮影したものです。撮って出しの状態です。これを見てお気づきになられましたか?四隅が暗いでしょ。皆さんも経験したことやご覧になったことが少なからずあると思います。 「故障かな。...

5位

冬の被写体

寒い日が続きますが皆さん撮影されていますか? 冬にしか撮影出来ない被写体を撮影するのも楽しいですよ~ 少し厚着をしてカメラ片手に出掛けてみましょう!!

6位

撮影時の服装について

写真を趣味として楽しむのであれば、撮影時の服装をそれほど気にする必要はないと思います。 基本的には、動きやすくて「目立たない」ことに配慮しておけば不都合はないでしょう。 具体的な状況の例と対処方法を挙げてみます。 ■街頭...

7位

赤い花、秋の花。

真っ赤に燃える炎のような、曼珠沙華。 そろそろ、見頃を過ぎました。 あえてハイキーに撮り、 燻る炎のように表現してみました。 ここのところ、暑かったり急に涼しくなったり。 雨がたくさん降ったり・・・ 気持ちよく秋を迎え...

8位

写真、撮ってますか?

こんにちは スマホのカメラが復活してデジカメの出番がめっきり減った大木です 寒いし凍ってるし外出しないから写真撮れないや…… ってなるでしょ? いやいや、室内でもとれますよー 今回はそんな写真を載せます スマホ...

9位

体験レッスンってどんなことをするんだろう?

<Big>申し込むのはちょっと不安? そんなあなたに、心を写す『写心教室』のレッスンの流れを一部ご紹介します。</Big> <img src="http://www.nobu.tv/cyta/111226-1.jpg" wid...

10位

カメラで違う紫の実例

コンパクト,一眼システムで違いが出た「紫」の例を載せます。 実際の見た目は一眼システムの色合いが正解であり,見たまんまが見事に再現されています。 先回のブログで触れたように,「紫」の再現はひじょ~に難しく,撮ってみなければ分かりま...

カメラ教室(写真教室)・講座 ページ先頭へ