全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり4,900円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

無料体験レッスンの申込みはこちら

サイタ趣味の習い事カメラ教室スクールブログ

カメラ教室 スクールブログ

最新記事

カメラの先生直筆、スクールブログの最新記事を、更新順にご紹介!

三脚は必要なの?(その1)三脚はどんな時に使うの?疑問にお答えします!
三脚は必要なの?(その1)三脚はどんな時に使うの?疑問にお答えします!
「なぜ「風景写真」はF値(絞り値)f8で撮る方がいいの?」でも、ご説明したように、風景写真をf8で撮影すると、晴天の場合、シャッター速度は1/250(ISO100)以上になりますので、...
(カメラ教室 フォトクリのカメラ教室 上原正寛コーチ)
なぜ「風景写真」はF値(絞り値)f8で撮る方がいいの?
なぜ「風景写真」はF値(絞り値)f8で撮る方がいいの?
風景写真家の作例を見ると、多くの風景写真がF値、f8~11の設定で撮影されていることに気が付きます。 なぜでしょうか? その理由は、f8~11がレンズの性能を最も引き出せる...
(カメラ教室 フォトクリのカメラ教室 上原正寛コーチ)
その時は、突然に!?
その時は、突然に!?
寒いと思ったら・・・20°c近くまでいき と、思ったら雪!? 風邪などひいていませんか? そんなコロコロ変わる季節ですが、カメラを持ってお散歩に出ます。 皆さん!撮って...
(カメラ教室 タイチのカメラスクール 山田太一コーチ)
アクセスランキング

サイタのカメラ教室のブログ記事から、過去1週間のアクセス数が多かった順に掲載!

1位

「逆光:ダイヤモンド富士」の撮影テクニック・・・③解説

今回は「逆光:ダイヤモンド富士」を例に撮影テクニックを公開! ・ダイヤモンド富士は、年間毎日一日2回(朝晩)撮影可能です。 【つまり、天候次第ですが、一年間に730回の撮影チャンスが・・・】 ・コツを覚えればフィルムでもデジ...

2位

三脚は必要なの?(その1)三脚はどんな時に使うの?疑問にお答えします!

「なぜ「風景写真」はF値(絞り値)f8で撮る方がいいの?」でも、ご説明したように、風景写真をf8で撮影すると、晴天の場合、シャッター速度は1/250(ISO100)以上になりますので、手振れの心配はなく手持ち撮影でも十分ですね。 ...

3位

その時は、突然に!?

寒いと思ったら・・・20°c近くまでいき と、思ったら雪!? 風邪などひいていませんか? そんなコロコロ変わる季節ですが、カメラを持ってお散歩に出ます。 皆さん!撮ってますか!? 先日、デジタル現像ばかりの缶詰で...

4位

2018年・明けましておめでとうございます

おめでとうございます!2018年の幕開けですね。 元旦生まれですので否が応でもまたまた歳を重ねてしまいましたが、気力は充実しています。今年も張り切ってご一緒に写真を楽しみたいと思っています。 添付の写真は我が家の近くの川に...

5位

写真の上達27「日中シンクロ、疑似夜景の奨め」

・写真の上達シリーズ27回目は日中シンクロと  疑似夜景撮影の奨めです。 ・ストロボを使用した日中シンクロは、写真愛好家の  皆さんは挑戦したことがある方が多いと思います。 ・日中シンクロでストロボをメイン光、補助光と...

6位

写真は文系? 理系? (長文注意)

おはようございます。 爽やかな朝ですが、今日も暑くなる予感がすでに漂っています。熱中症には重々お気をつけください。 さて、皆さんは写真を文系の分野だと思いますか? それとも理系? 芸術写真、というジャンルで考えると文系のよう...

7位

撮影時の服装について

写真を趣味として楽しむのであれば、撮影時の服装をそれほど気にする必要はないと思います。 基本的には、動きやすくて「目立たない」ことに配慮しておけば不都合はないでしょう。 具体的な状況の例と対処方法を挙げてみます。 ■街頭...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

カメラ教室(写真教室)・講座 ページ先頭へ