全国7万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座を個人レッスンで探す

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

写真初心者も安心!
日時を選べる個人レッスンです

「一眼を買ったけど、うまく撮れない」「せっかくの旅行の写真が台無し」― そんなお悩みを持つ方のための、カメラレッスンです。基本的なカメラの使い方から復習して、実際に外で撮影しながら撮り方を学ぶことができます。絞り、光量、加工...。本を読んでもわかりづらいことでも、自分の撮ったものをその場で確認してもらったり、先生のお手本を見ながら学べば、上達は早いものです。次の旅行やイベントで、ベストな写真を撮れるようになりましょう。

都道府県・人気エリアから探す

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

関東
東京
神奈川
千葉
埼玉
群馬
茨城
関西
大阪
京都
兵庫
滋賀
奈良
和歌山
その他
愛知
熊本
北海道
大分
岡山
徳島
長野
岩手
岐阜
静岡

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり4,900円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎にカフェを利用する場合はご自身のドリンク代をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

カメラ教室の無料体験レッスンについて

サイタのカメラ教室ではコーチとの相性を感じていただくために60分間のレッスンを0円でお試し受講いただいています。
もしカメラ教室無料体験で受講したレッスンがご満足いただけなかった場合、他のコーチで無料体験をもう一度受講していただくことが可能です。ピッタリなコーチが見つかった時にご入会いただけます。

カメラ教室の無料体験レッスン内容例

14:00
コーチと待ち合わせ
14:05
簡単なレベルチェック
14:10
悩みや技術について相談
14:15
実際にカメラにチャレンジ
14:55
今後のスケジュールを相談
全文を読む

教室で教えてもらうより、一対一で教えてもらうほうがその場で質問が出来るので、理解が早いと思います。
また、先生も丁寧で分かりやすく教えて貰えるので、毎回楽しくレッスンを受けています。

全文を読む

カメラの基礎知識など、聞きたいことを丁寧に教えてくださり、とてもレッスンが楽しいです。
仕事が忙しいため、時間を有効的に使ってレッスンが出来るので、とても助かります。

全文を読む

とても丁寧な指導をしていただいており、助かっています。
次のカメラのレッスンも楽しみにしています。

無料体験レッスン受講までの流れ

1

3分でカンタンお申し込み

無料体験レッスンお申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。

2

メールで日時のご確認

ご希望の日時をメールでご確認ください。

3

コーチと待ち合わせ

事前にご希望いただいた場所で、講師がお待ちしております。

カメラ教室(写真教室)・講座の人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられるカメラ教室(写真教室)・講座の講師一覧です。

約16時間前更新
横山明さん

横山明さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

草津(滋賀)

山田太一さん

山田太一さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

彦根

山崎早江子さん

山崎早江子さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

三ノ宮

結城信久さん

結城信久さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

渋谷

もっとみる
奥陽子さん

奥陽子さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

新橋

北山一郎太さん

北山一郎太さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

琴似

新井亮さん

新井亮さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

名古屋

上原正寛さん

上原正寛さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

別府(大分)

金子浩美さん

金子浩美さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

代々木

前田昭男さん

前田昭男さん

ジャンル

カメラ

主なレッスン会場

梅田/大阪

カメラ教室 体験レッスンの感想コメント

カメラ教室のレッスンを体験した方の声をご紹介

6月15日(土) 21:47 更新

40代男性

全文を読む

今回は体験レッスンと言うことで、結城先生自身のプロフィール、結城先生の会社のプロフィールを聞き、どういった方なのかを知る場となりました。その後で時間の許す限り自分の持参した作品、師事する作家の作品集を見ていただき、自分自身の写真に対する考えや悩みが何故起こっているのかを、まるで占い師の様に的確に答えていただき、更に今後伸びていく為には何が足りていないかもアドバイスをいただきました。 アドバイスの中には自分の凝り固まった考えから打破するためのものもありましたが、おそらくそれが自分の壁と思い、その足で代々木公園で撮影を行いました。おそらく1か月は様々な場所で撮影し、印刷し、次回レッスンの教材になると考えています。 こういった講師の方はなかなか会えないので、貴重な時間として行きたいと思います。

50代女性

全文を読む

ミラーレスカメラを購入して、どのように扱えば良いか悩んでいましたが、先生からのアドバイスで基本操作が身につくような提案もしていただきました。 カメラの操作さえできれば良いといと思っていましたが、レッスンを受けて、カッコ良く撮る知識も学びたいと思うようになりました。ご指導よろしくお願いします。

50代女性

全文を読む

最初は、初めてのことなので不安でした。しかし、確認メールに、待ち合わせ10分前のお電話もいただきスムーズにスタート。分かりやすく、レンズのことなどの疑問点にも答えていただき、勉強になりました。これからもレッスンを受けて、魅力ある写真を撮影したいと思っています。

新着レッスンノート

カメラ教室のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

6月14日

写真の整理写真の整理

レッスンお疲れ様でした!蒸し暑い日でしたね。 少し間隔が空きましたが、その間に数度の海外旅行をされ、沢山の写真を撮っていただきました。例によって「いい写真ファイル」に残しておきたい写真を選別しましたが、第一次審査(笑)ですので多少甘めの選択になり、全体の10%くらいを二次選択の候補としました。多少のレタッチが必要な写真もありましたが、後日機会を見てやりましょうね。 最初のころに比べると大変上手になりました!構図なども安定してきましたし、前景に何かを取り込むことによって遠近感を強調するなど、拝見していて私自身がその場に居るような臨場感のある写真も沢山・・・。 反面、ほんの少し...

6月13日

デジタル概論~ホワイトバランス~露出の概略デジタル概論~ホワイトバランス~露出の概略

レッスンお疲れでした!レッスンがやり易い席が運よく空いていて良かったです。 今回から数回に分けてカメラや写真の理屈理論を解説していきます。判りやすくお話しますが、疑問点や聞いておきたいことがあれば遠慮なく仰って下さいね。 早速、今日のおさらいです。 Ⅰ.デジタル処理について・・・・・ あらゆる分野でデジタル化が進んでいて、とりわけ写真界は、フィルムに光を当てて撮影するアナログ方式のカメラから、デジタルカメラへと大転換しましたね。 デジタル処理とはどういうことなのか簡単にお話をしました。すべての現象を数値に置き換えて記録しておいて、その数値を読み出すことによってその現象を...

6月12日

「PLフィルターの機能と使い方」「PLフィルターの機能と使い方」

写真レッスンお疲れ様でした。 また、色々おき使いありがとうございます。 過去2回に渡りヨーロッパご旅行時の撮影準備編として 夜景の撮影ポイント、建築物外観、内観の撮影のポイントについて 実習を交えてのレッスンでした。 今回は、課題となっていますPLフィルター(偏光フィルター) の機能と使い方についてお話しました  1.PLフィルターの機能   PLフィルターは光の横波(偏光)をカットする機能があります。   横波は目で見ると、水面での光の反射、木々の葉の反射の   ほとんどが横波(偏光)です。   偏光が抑えられることにより、被写体から反射する光を押...

6月12日

ストロボの使いどころなどなどストロボの使いどころなどなど

初めての体験レッスンお疲れさまでした。 カメラの経験がおありでしたが、ストロボの使いどころなどをお伝えしました。 まず、基本は撮影する場所にも寄りますがカメラの適正露出と自身の見た目がイコールではないので出来る限り、撮影現場を一度ご自身で見る事をお勧めします。 そして、ストロボですが お持ちのレンズ(特に広角側)ですと、TTLを使った撮影では、拡散用のパネルを使わないと光が上手く広がりませんので、使いどころを(広角レンズのズーム域)をしっかり把握することが必要です。 そして、背景=カメラで露出  ストロボ=被写体の明るさとして考え方を分けた方が写真作りに対して...

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる