趣味の習い事カリグラフィー教室東京 カリグラフィースクールABC レッスンノート

カリグラフィースクールABCレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

イタリック体小文字、カラーインク
縦の5°の線は、ペン先が45°のまま移動して下さい。 fは.A.X.Dの3段移動しますので、気をつけましょう。 右から左に移動して曲がる書き出しは、しっかり移動した形がわかるように角張ら...
カッパープレート体 小文字、大文字
カッパープレート体の小文字を書くときは、 Xエックスハイト、Aアッセンダー.Dディセンダーの高さを揃えましょう。 62°の角度を揃えてaquick〜の文章を練習して下さい。 大文字...
カリグラフィー基本、FOR YOU
本日は、カリグラフィーの体験レッスンをご受講いただきましてありがとうございました。 イタリック体は、先の平らなペンで45°に傾けて書きます。 縦の線は5°になります。ガイドシートを使用し...
イタリック体大文字
大文字の復習をしっかりして来てくださったので、アルファベットの特徴を直ぐに捉えて美しく書くことが出来ました。 書き出しの乱れと5°の傾斜を意識して単語の復習をして下さい。
成人のお祝いカード
本日だけで2つの大文字A.Dと小文字を合わせて素敵なメッセージが完成しました。 素晴らしい集中力で、とても美しく仕上がりました。 カードは、必ず 鉛筆の線をこすらないように丁寧に消...
イタリック体小文字 &merry Christmas
小文字の復習を熱心にしてきて頂きましたので素晴らしく完璧な点や改善点などすぐに修正できました。 スタート時のペン先の角度が大切です。 45°になっている事を確認して5°の線はC2のペン幅...
カッパープレート体 小文字
全ての文字は、太い線が62°になるように意識して書きましょう。 それぞのアルファベットの特徴を捉えて1つずつ復習してください。 単語を書くときは隣との繋がり、距離を考えて練習しましょう。
イタリック体大文字 リースのスタンプ演出
イタリック体大文字は、いくつかの基本の形から始まるグループに分けられます。 Xハイトの高さは、小文字の1.5倍なので、 練習帳に線を引いてしっかり高さを意識して練習しましょう。 予...
カリグラフィー基本 イタリック体小文字
ペン先は、裏からライターなどで炙ってニスを落としてからご使用ください。 45°5°どの角度でも必ず3ミリのペン先全てを紙にあたるように移動してください。 書き出しの45°の細い線をし...
カッパープレート体小文字基本
本日のレッスンは、 アルファベットを書く時は、Xハイトの高さを揃えて、斜めの傾斜(太い線)を揃えて書くようにしましょう。 テキストの書き順を覚えて、丁寧に練習してください。 単語になっ...

カリグラフィースクールABCのレッスンノート ・・・計130件

カリグラフィースクールABC ページ先頭へ