サイタ英会話教室ビジネス英会話教室兵庫 ひとみのビジネス英会話教室 スクールブログ ビジネスメール...

ビジネスメールに必要なのは感謝と受容 - Thank you forを使おう

海外の企業とのビジネスで英文でメールをやり取りするとき、
本文の前に何を書くか悩むことはありませんか?

Dear何々と書いて本文に入ると、
いきなり用件に入るのはビジネスレターとはいえ、
ビジネスライク。特に何度かやり取りしている場合では
何となく味気ないですよね。

かといってお友達ではないので
気軽にHelloとかなんとなく
ちょっと無理をした感じになってしまいます。

その時にはまず
Thank you for your e-mail,
thank you for your response
などとまずはお礼を言いましょう。

お礼を言われることでお客さん相手の人は
悪いイメージをとらえることはないです。

カウンターオファーをしたり、謝りの言葉だったりの
本題・メインテーマ主題につなげていくと
いうのがいいんじゃないかと思います。

こんな文章をフレーズとして覚えておいてください。
Thank you for your advice
Thank you for your response
Thank you for your opinion
Thank you for your advice

意見の違いがあった場合など、実際の交渉も同じ方法です。
一旦受け取ります。
「ありがとうございます」と受け取ります。

そして「however」とか「in my opinion」「for me」などを使い
私の意見は、あるいは会社の方針(in our campany policy )はこうなんですと言うふうに説明します。

そして締めに
Would you mind if / ~ing?
~していただけないでしょうか?
reconsider / think it over 再考する

World you kindly accept my our opinions?
我々の意見を受け入れてくださいませんか?

Thank you for your understanding.
ご理解ありがとうございます。
ご理解よろしくお願いいたします。

Thank you for your kind consideration.
お心遣いありがとうございます。

Thank you for your kind of cooperation.
ご協力ありがとうございます。

などと締めくくります。
これは交渉ネゴシエーションの場合も基本は同じです。
win-winビジネスを目指すには必要ですよね。

次回のメールからは少しずつ事例を挙げて、
メールをの書き方または交渉方法を上げていこうと思います。

皆さんのコメントなどがあれば、また取り上げたいと思うので
サイタ事務所のほうに連絡をしていただければ良いかと思います。

今思いつく限りは
・値引き交渉・
・納期の繰り上げ・
・品質について
・ロットについて
などいろいろ考えつくことがあります。

またこの前貿易事務をしている人へ英語を教えたのですが、
貿易事務について、インコタームなどにも事例を挙げて書いていこうと
思います。

 

(2018年12月26日(水) 21:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

海外勤務を経て、通訳や翻訳、貿易などでキャリアを積む「英語の何でも屋」

新着記事

今回は納期についてお話しします。 商品を購入すると時には、数量、金額の他に納期も重要な事柄です。 1.顧客からの納期について質問・要求 「いつ」納品してくれるのか?ですよね。 これは正式な見積もりを依頼する前にも聞けますが、その時は恐らく企業の方が一般的な納期(受注後~週間とか...

今回は数量を交渉する時の表現です。 メーカーさんは製品を作る際、多く作れば経費を安くすることができるので利益率を出すことができます。その最低数量のことを「ロット」といいます。英語では「production lot (製造ロット)」といいます。ロット数と英語でそのまま使ってもよいですし、下記の...

今日は交渉のお話で一番に出てくる「値引き」について話します。 交渉と言えば、お金。商品の代金をより安価に購入したい顧客と、サービスや商品を正当な価格で販売し、利益を得たい企業との折衝です。 顧客の要求のままに価格を下げることは簡単ですが、それでは企業の実績は下がる一方。薄利多売はサービスや...

海外の企業とのビジネスで英文でメールをやり取りするとき、 本文の前に何を書くか悩むことはありませんか? Dear何々と書いて本文に入ると、 いきなり用件に入るのはビジネスレターとはいえ、 ビジネスライク。特に何度かやり取りしている場合では 何となく味気ないですよね。 かとい...

英語って、なんだかんだいって、世界語だと思います。 以前、世界標準言語のエスペラント語を勉強したことがあります。 英語をベースにした感じなので、独学でもいけそうだな、と感じました。 今エスペラント語でビジネスをしている人はいるのだろうか? とネット検索をしてみましたが、あんまり普及...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ビジネス英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ