サイタ英会話教室ビジネス英会話教室東京 続けて楽しいビジネス英会話 スクールブログ 電話の応対

電話の応対

かなり英語に慣れていても、電話の応対は苦手という人は、少なくありません。あらかじめ予定している
電話なら相手がわかっているので、それほど慌てることはないでしょうが、突然自宅や会社に英語で心当
たりのない電話がかかってきたら、よほど場数を踏んでいない限り、すぐに上手に応対するのは難しい
でしょう。
そのような場合、まず相手が誰であるか確認するのが第一歩です。「Who is this?やWhat's your name?」はかなり横柄で無礼、「May I ask who is calling?』が無難でです。
また相手に『Can I talk to Mr. Okada(私)?」と言われたら、親しい人なら「It’s me.」一般的には
「This is he.」と答えてみましょう。
相手の話したい人が、別の電話に出ているときは「His line is busy.」です。覚えておくと便利です。

では息抜きに電話に関するjokeを一つ:

Student: Jack Smith will not be in school today.
Teacher: Is he sick? Who is this speaking, please?
Student: This is my father speaking.

A : ジャック・スミスは今日学校に行きません。
先生: 彼は体調が悪いのですか? 失礼ですがどちら様ですか?
A : 僕のお父さんです。

 

(2018年10月11日(木) 20:48)

前の記事

新着記事

かなり英語に慣れていても、電話の応対は苦手という人は、少なくありません。あらかじめ予定している 電話なら相手がわかっているので、それほど慌てることはないでしょうが、突然自宅や会社に英語で心当 たりのない電話がかかってきたら、よほど場数を踏んでいない限り、すぐに上手に応対するのは難しい で...

英会話学校の宣伝で、よく「先生は全員native speaker」というような謳い文句を目にします。 でもこれから英会話の勉強をしたい、という初心者には、LとRの発音の違いや、THの正しい 発音の仕方を丁寧に教えてくれる、日本人の先生の方が親しみやすいのではないでしょうか。 また、ある程...

街で見かける外国人旅行者の数が、日に日に多くなっていることを実感します。ひと昔前までは 彼らがガイドブックや地図を片手に、目的地を探すのに悪戦苦闘している姿をよく見かけましたね。 でも今はほとんどの旅行者が、スマホのGPS機能を使って、効率良く行動しているようです。 それでも東京の繁...

ネットで見つけました。 ロッキングチェアーでくつろぐ小柄な老人との会話: A woman met a little old man rocking in a chair on his porch and talked to him. “I couldn’t help noticing h...

ビジネス英会話のスクール情報を見ている方は、ある程度具体的な目的をお持ちだと思います。 海外出張の予定がある、海外駐在が決まった、外資系企業への転職で英語の面接がある等々。 このような理由で、特に「話す」英語の必要性を強く感じている方は、英語学校でnative speaker に教わるこ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ビジネス英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ