サイタ英会話教室ビジネス英会話教室兵庫 ひとみのビジネス英会話教室 スクールブログ 英語学習のハー...

英語学習のハードル

私は英語という言語が好きです。

どうしてかというと、世界と仲良くなれるツールだと思う~です。
同じ言語を話すことで親しみを覚えたり、
ステレオタイプの国民性の認識や誤解を正したりすることができるのです。

さらに自己表現を自国だけでなく、広い世界へ発信できたり、
世界の人たちと対等にビジネスをしていくことでもきます。

英語を学び、使えることは自分の世界、そして選択が広がることを
意味していると思っています。

だけど、
・英語が苦手
・文法が嫌い
・日本語英語(「ジャングリッシュ」と言ったりします)だから、
 恥ずかしい、通じない
など、いろいろと理由を考えて、英語の勉強を再開するのに
躊躇する人。

気持ちわかります~
だって「私もずっと英語できます!」
って堂々と言うことはできませんでしたもん!

通訳や翻訳をしていても、これでいいのかな?本当に通じているのかな?
って不安でした。

でもね、基本の文法2ステップを覚えると、英語が好きになります。
魔法のようです。

大事なのは、相手に伝わること、そして相手の言っていることが分かること。

日本語なまりの英語でもいいんです。
文法がちょっと間違えていても問題ないです。

ようは、何を伝え、何が相手はしたいのかを理解できればいいのです。

ツールなんだから、英語のテストで点数取るのは違います。
ちょっとした工夫で英語らしく聞こえます。相手が理解できる英語に変わります。
英語脳だって、毎日の隙間時間に英語を活用する習慣をつければいいのです。

完璧な英語を目指すのではなく、使える英語を目指しましょう~

 

(2018年6月11日(月) 13:59)

次の記事

この記事を書いたコーチ

海外勤務を経て、通訳や翻訳、貿易などでキャリアを積む「英語の何でも屋」

新着記事

今回は納期についてお話しします。 商品を購入すると時には、数量、金額の他に納期も重要な事柄です。 1.顧客からの納期について質問・要求 「いつ」納品してくれるのか?ですよね。 これは正式な見積もりを依頼する前にも聞けますが、その時は恐らく企業の方が一般的な納期(受注後~週間とか...

今回は数量を交渉する時の表現です。 メーカーさんは製品を作る際、多く作れば経費を安くすることができるので利益率を出すことができます。その最低数量のことを「ロット」といいます。英語では「production lot (製造ロット)」といいます。ロット数と英語でそのまま使ってもよいですし、下記の...

今日は交渉のお話で一番に出てくる「値引き」について話します。 交渉と言えば、お金。商品の代金をより安価に購入したい顧客と、サービスや商品を正当な価格で販売し、利益を得たい企業との折衝です。 顧客の要求のままに価格を下げることは簡単ですが、それでは企業の実績は下がる一方。薄利多売はサービスや...

海外の企業とのビジネスで英文でメールをやり取りするとき、 本文の前に何を書くか悩むことはありませんか? Dear何々と書いて本文に入ると、 いきなり用件に入るのはビジネスレターとはいえ、 ビジネスライク。特に何度かやり取りしている場合では 何となく味気ないですよね。 かとい...

英語って、なんだかんだいって、世界語だと思います。 以前、世界標準言語のエスペラント語を勉強したことがあります。 英語をベースにした感じなので、独学でもいけそうだな、と感じました。 今エスペラント語でビジネスをしている人はいるのだろうか? とネット検索をしてみましたが、あんまり普及...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ビジネス英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ