サイタ英会話教室ビジネス英会話教室東京 続けて楽しいビジネス英会話 スクールブログ 英会話上達には...

英会話上達には "勉強する" より "慣れる" という言い方がふさわしい。

会話とは "人との交信手段の一つ " です。それを英語でするのですから、英語が母国語でない我々日本人
には、抵抗感があるのは無理のないことです。でも皆さんは、少なくとも中学または高校までは、英語の
勉強をしてきましたね。ですから、相当数の単語を知っていて、かつ普通の英語の文章なら、辞書なし
でも読んで理解できるはずです。かなり難しい英文を、読んだり書いたりできる方も多いでしょう。

 ところが、英語を "話す、聴く" となると、苦手意識が先に立ち、自信喪失という場合が多いのはなぜでしょうか。"聴く" はテレビやラジオだけでも、その気になればいくらでも訓練できます。でも " 話す" は
そう簡単ではありません。もちろん自分で声に出して、話す練習をすることはできますが、それは"会話"とは言えませんね。やはり相手がいて、お互いに意思疎通ができて初めて会話になるのです。

 私のスクールでは、とにかく英語での会話に "慣れる" ことを目標にしています。ごく初歩的な日常会話から、より専門的なビジネスにおけるやりとりまで、お一人お一人のニーズに応じたプログラムを準備して
います。是非一度実際に体験してみて下さい。

 
 
 

 

(2018年6月4日(月) 11:07)

次の記事

新着記事

かなり英語に慣れていても、電話の応対は苦手という人は、少なくありません。あらかじめ予定している 電話なら相手がわかっているので、それほど慌てることはないでしょうが、突然自宅や会社に英語で心当 たりのない電話がかかってきたら、よほど場数を踏んでいない限り、すぐに上手に応対するのは難しい で...

英会話学校の宣伝で、よく「先生は全員native speaker」というような謳い文句を目にします。 でもこれから英会話の勉強をしたい、という初心者には、LとRの発音の違いや、THの正しい 発音の仕方を丁寧に教えてくれる、日本人の先生の方が親しみやすいのではないでしょうか。 また、ある程...

街で見かける外国人旅行者の数が、日に日に多くなっていることを実感します。ひと昔前までは 彼らがガイドブックや地図を片手に、目的地を探すのに悪戦苦闘している姿をよく見かけましたね。 でも今はほとんどの旅行者が、スマホのGPS機能を使って、効率良く行動しているようです。 それでも東京の繁...

ネットで見つけました。 ロッキングチェアーでくつろぐ小柄な老人との会話: A woman met a little old man rocking in a chair on his porch and talked to him. “I couldn’t help noticing h...

ビジネス英会話のスクール情報を見ている方は、ある程度具体的な目的をお持ちだと思います。 海外出張の予定がある、海外駐在が決まった、外資系企業への転職で英語の面接がある等々。 このような理由で、特に「話す」英語の必要性を強く感じている方は、英語学校でnative speaker に教わるこ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ビジネス英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ