サイタ英会話教室ビジネス英会話教室東京 英国英語によるビジネス英会話スクール スクールブログ 英語の文型

英語の文型

本日は文型について書きたいと思います。ちなみに私が文法の説明をする時、学校で学んだ説明では行いません。英語圏の学校が教える文法用語や説明で行います。何故かと言うと・・日本の学校での文法の説明は間違っている事が多いし、学校での授業で英語が話せる様になったと聞いた事が無いからです^^;では始めます♪


英語には大きく分けて五つの文型があります。そしてそれは五つの品詞・語から成り立っています。


Subject主語、Verb動詞、Object目的語、Complement保護、Adverbial副詞句です。ここではそれぞれS, V, O, C, Aと呼びます。


Sは名詞または代名詞で動詞の前に来ます。 
Tom is a student. (be動詞) I ran fast.(一般動詞)


Vは二種類あり、助動詞(目に見えない動詞)と一般動詞(多くが目に見える動詞)があります。一般動詞は主語の後、目的語の前に位置します。


Oは、「何」「誰」か聞く質問に対して答えにあたる部分になります。
He bought a car.彼は車を買いました。carが目的語です。(What did he buy? He bought a car)


そして目的語には二種類ありIndirect ObjectとDirect Objectがあります。ここではIO, DOで説明します。DOは「何を」、IOは「誰に」と言う文章での目的語になります。I gave a pen.私はペンをあげました。penがDOになります。
I gave Tom a pen.私はトムにペンをあげました。TomがIOでpenがDOです。


Cは文章の意味を明確にするためにあります。He is a teacher. S+V+C.
そしてこれが無ければ文章の意味が不明確で補語を変える事により文章の意味が変わります。


そして二種類の形がありS+V+CとS+V+O+Cがあります。
S+V+Cは先に書いた例題通りですがS+V+O+Cの時はCがOの事について説明をしている、同じ人・物について説明をしている事になります。
I think she lied. They elected him president. 両方ともCが無ければ文章が不完全でOとCは同じ人の事です。



また、Cは二種類あり、SC主語を表す補語とOC目的語を表す補語です。
She is a doctor. Mike looks happy. SC
They made her sad. She called him a genius. OC


AはWhy, when, where, how(何故、いつ、どこ、どの様に)に対する答えにあたる部分になります。
She comes by train. trainがA. They come every Wednesday. WednesdayがA


これだけは頭に入れてから文型の勉強をする事をお勧めします。次回は五つの文型の詳細に触れたいと思います^^

 

(2017年11月29日(水) 13:28)

前の記事

次の記事

新着記事

8月になりました!毎日猛暑が続きますね。ご体調にはくれぐれもお気を付け下さい。 さて、今月は夏季休暇を取る方が多いかと思いますが私は通常通りレッスンをしておりますので通常レッスンも体験レッスンも受け付けております。 最近は夏休みを利用して集中的に英語の勉強を行う方も多いので...

よくイギリス人の事について聞かれますので本日はイギリス人の事について書きたいと思います♪ おそらく多くの日本人は英語圏の人達は同じ様な性格だと思っているかと思いますが全然違います。 私は日本に住む事が決まり日本に来た当時は「日本人ってアメリカ人みたい!」と思いました。 ...

私の英語レッスンでは、生徒様に対してとにかくたくさんヒアリングをたくさん行う様にお伝えしています。ヒアリングは独学でも出来ますので、テキストの音声を聴いたり、洋楽を聴いたり、洋画を観たりとお勧めしています。 さて、何故そこまで聞く事にこだわっているのか?と言う事ですがちゃんとした根拠...

先日、友人とプチ同窓会に行きました^^ 私は高校は日本の高校の英語科へ行き、大学は外国語学部英米語学科へ進みましたので学生時代は常に英語と触れてる環境でした。 高校時代の英語の先生と20年ぶり以上の対面で一緒に写真を撮影しました♪時の流れは速いですね、生徒としてでは無く...

ビジネスにおいて日本人は真面目と一般的に言われております。朝遅刻せずに会社へ行き、業務に就業時間中は真面目に取り組む事はごく普通の事と思っている方がほとんどかと思います。国によって常識は違いますが、私が経験した海外での「エッ!」と思う事を本日は書きたいと思います。 昔ハワイに行きまし...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ビジネス英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ