サイタ英会話教室ビジネス英会話教室東京 英国英語によるビジネス英会話スクール スクールブログ 英語と米語の違...

英語と米語の違い②

英語と米語は文法・発音・綴り等に少し違いがあります。そしてお互いに違うと言う事を分かっています。


例えば、family, group, team, 等の複数の人で成り立っている組織ですが英国ではbe動詞をis/areの単数・複数扱いどちらでも可能ですが米語は通常単数になります。


My family are enjoying the holiday. My family is enjoying the holiday.英国英語はどちらも使いますが米語では右側になります。


また、前置詞の使い方にも多少違いがあります。「前に」「後ろに」は英国ではat the front. at the back.と言いますがアメリカではin the front. in the back.です。何かを記入する時英国英語はfill in. fill out.ですが米語はfill outのみです。病院を表す時英国英語ではほhospitalと言いますがアメリカ英語ではtheが付きます。


上級者向けのテキストや英英辞典では多くの物に英国英語かアメリカ英語かが記載されています。私がイギリスにいた頃はテレビでChannel 4が出来てアメリカの文化も学びましょう、と言う事でアメフトが中継されたりアメリカのテレビ番組が紹介されたりしてました。学校の先生にもアメリカ人がいたりしましたので、英語圏の人達は自然に違いが分かっているんですよね♪

 

(2016年12月23日(金) 8:53)

前の記事

次の記事

新着記事

よくイギリス人の事について聞かれますので本日はイギリス人の事について書きたいと思います♪ おそらく多くの日本人は英語圏の人達は同じ様な性格だと思っているかと思いますが全然違います。 私は日本に住む事が決まり日本に来た当時は「日本人ってアメリカ人みたい!」と思いました。 ...

私の英語レッスンでは、生徒様に対してとにかくたくさんヒアリングをたくさん行う様にお伝えしています。ヒアリングは独学でも出来ますので、テキストの音声を聴いたり、洋楽を聴いたり、洋画を観たりとお勧めしています。 さて、何故そこまで聞く事にこだわっているのか?と言う事ですがちゃんとした根拠...

先日、友人とプチ同窓会に行きました^^ 私は高校は日本の高校の英語科へ行き、大学は外国語学部英米語学科へ進みましたので学生時代は常に英語と触れてる環境でした。 高校時代の英語の先生と20年ぶり以上の対面で一緒に写真を撮影しました♪時の流れは速いですね、生徒としてでは無く...

ビジネスにおいて日本人は真面目と一般的に言われております。朝遅刻せずに会社へ行き、業務に就業時間中は真面目に取り組む事はごく普通の事と思っている方がほとんどかと思います。国によって常識は違いますが、私が経験した海外での「エッ!」と思う事を本日は書きたいと思います。 昔ハワイに行きまし...

英語を学ぶ生徒様達からよく聞かれます質問の一つに「どの様な方が上達しますか?」があります。 色々な方がいますが、その一つに「真面目過ぎない」があります。 例えば、日本で東大に入るには真面目にコツコツ勉強をする必要があるかと思います。ただ、それは「東大に入学する」と言う目標を...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ビジネス英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ