全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室東京 ヒロの実践ビジネス英会話教室 スクールブログ 上達する人たち...

上達する人たちの共通点て何?!

英語を教え始めて何年経つのでしょうか?

始めて英語を教えたのは、大学生の時に、家の近所の中学生に英語を教え始めたのが最初です。母親が近所のお母さんたちに頼まれて、「どう?やってみない?」ということで、始めました。当時、大学のESS(英会話研究会)で活動していましたが、その活動も小休止していたので、「やってみるか」と思い、教え始めました。

女子中学生2名が最初の生徒です。英語はあまり得意ではないようで、教科書を読むという習慣もなかったため、音読からスタートしました。当時から、僕は東後勝明先生のNHKラジオ英語会話を聞いていたので、「口頭で言えない英文は聞いてもわからない」ということを体感していました。

英語がスラスラと音読出来るようになると、どうでしょう。二人の英語の成績はみるみる上がって行きました。教科書だけでなく、米国で発売された「Charlie Brown Dictionary」という子供用の英英辞典の例文も教材になりました。中学で習う単語も含めて約2000語が、スヌーピーとその仲間たちの絵とともに、楽しく意味だけでなく、使い方とともに紹介されているのです。(この辞書は本家の英英辞典は絶版になってしまいましたが、今でも「スヌーピー英和辞典」として入手できます。ちょっと残念なのは、せっかくの英英辞典の例文すべてに日本語訳まで入れてしまったことです。これでは、英語を英語のまま理解するという英語脳の養成トレーニングにならないのです。)

二人の英語の成績がみるみる上がったので、その噂を聞いて、また生徒が二人参加してきました。女子中学生4名になりました。全員英語の成績が伸びて、志望する高校に合格しました。

それから、社会人になってからも、「英語を教えてください!」と頼まれると、つい、「いいよ。その代わり、僕のやり方でやってね」ということで、今日まで多くの人に英語を教えて来たことになります。

すると、上達する人たちには「共通点」があることに気が付きました。上達する人たちの共通点は、皆さん、「素直」なことです。教えられたことを守って勉強しているんです。ある生徒さん(前の会社の後輩ですが)は、「英語の総合力をつけるには書き取り練習だよ。ディクテーション、やってみようか」というと、毎回、課題の会話文を録音したCDを聞いて、書き取り練習をしていました。さらに「暗唱もしてみよう。会話力もつくから」というと暗唱するために、音読練習をし始めました。するとどうでしょう。ずっと続けた結果、今ではTOEIC900点を突破し、英語の会議もプレゼンもこなしています。

逆に「残念な人たち」は、トレーニングが辛いと、「もっと良い方法があるはず」と、あまり熱心に練習しないばかりか、練習そのものをしなくなってしまう傾向があります。常に、「もっと良い方法があるはず」とずっと、その方法を探しているのです。日本語の環境下で、自然に英語が出来るようになる方法など、ありません。英語を聴かないでどうして英語が聴けるようになるでしょうか。英語を読まないで、英語が読めるようになるはずがありません。英語を話さないで、英語が話せるようになるわけがないのです。「もっと勉強してから。もう少し力がついてから」とよく言われるのですが、僕は「今がすべて」だと思っています。今、やらなければ、いつやるのでしょう?「その力がついてから」と言ってから、何年経っていますか。

現在、サイタで当方のクラスを受講している生徒さんたちも上達しています。英検1級合格、TOEIC自己ベスト更新等、うれしい知らせをいただいています。

さあ、今日も練習しましょう!練習は決して裏切りませんよ。

 

(2016年10月19日(水) 11:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

外資系勤務歴は30年以上!「英語で考える」ことで、実践に役立つ英語力を

ヒロの実践ビジネス英会話教室
小林広雄 (ビジネス英会話)

新宿・高田馬場・池袋・保谷・ひばりヶ丘・清瀬・小手指・東村山

ブログ記事 ページ先頭へ