全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室東京 ヒロの実践ビジネス英会話教室 スクールブログ 「ビジネス英会...

「ビジネス英会話」って何??

30年以上外資系企業で英語を使って仕事をしていたこともあり、よく生徒さんに、仕事で使える「ビジネス英会話」を指導してほしいというリクエストをいただきます。仕事で英語を使っている生徒さんの場合には、実際の仕事で使う英語サンプルを見せていただき、それを添削指導したりすることで実務に結びつけることで「実践的」と好評をいただいています。問題は、今は英語を仕事で使っていないけれども、将来にそなえてというケースです。

以下の文は、実際の生徒さんに宛てたメール文をそのまま引用したものです。多くの「ビジネス英会話」をこれから学びたいと思っている生徒さんの参考になると思います。

以下引用

次回レッスンの内容ですが、詳細は次回レッスン時に決定したいと思っています。当方からのアドバイスとしては、TOEIC学習は継続した方がよいと思っています。不思議なことに、多くの方が、TOEICは受験勉強で、本当の英語、英会話学習はまた別モノと思っていることです。それは、世に言う「ビジネス英語」にも当てはまります。当方が担当している「ビジネス英会話」もそうです。

でも考えていただきたいのですが、僕達は「ビジネス日本語」という科目の勉強ってしたことありますか。ないですよね。会社に入って、仕事をしていくうちに、会議、プレゼン等をこなしていきます。つまり、日本語が出来れば、仕事の日本語も出来るわけです。会議やプレゼンに必要な言い回しも、実際の会議に出席したり、発言することで学べます。プレゼンも同じです。ですから、そうした場面の英語を聞く練習、話す練習をすれば大丈夫なんです。この場面の英語だけを取り出して勉強してもあまり効果的とは言えません。やはり、基本となる英語力をしっかり鍛えないとダメです。

そこで当方の提案は、TOEICの題材(以外と使えるのです)をインプットだけでなく、アウトプットにも使えるように勉強するとよいと思っています。実際、当方の「ビジネス英会話」を受講している生徒さんも、例えば、TOEICのリスニングのPart 3とPart 4、リーディングのPart 7のパッセージを集めた教材を音読練習しています。実際のTOEICテストよりも速いスピードで録音されているので、リピーティング、オーバーラッピング、シャドーイング練習をすると英語表現が体にしみるらしく、仕事での英語に自信が生まれてくるようです。80の英文パッセージを常に音読しているので、英語回路が出来てくるのでしょう。

もう一つの提案としては、自然に話された材料を使って、話の展開をコントロールする技術をマスターすることです。これは実際にネイティブとの会話する場数を踏むことも大事ですが、実際はいつも受け身でいると場数だけでは身につきません。賛成する、反対する、話題を変える等の機能表現をうまく、タイミングよく使って会話をコントロールする必要があるのです。実際、ネイティブスピーカーの対話から、それを学ぶことが出来るのです。そうした教材も少ないながらもあります。

要は、こうした教材を日常のTOEIC学習に加えることで、本当の意味での「ビジネス英会話」が出来るようになると思っています。

次回のレッスンでお会いするのを楽しみにしています。

 

(2016年9月27日(火) 11:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

外資系勤務歴は30年以上!「英語で考える」ことで、実践に役立つ英語力を

ヒロの実践ビジネス英会話教室
小林広雄 (ビジネス英会話)

新宿・高田馬場・池袋・保谷・ひばりヶ丘・清瀬・小手指・東村山

ブログ記事 ページ先頭へ