全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室東京 ヒロの実践ビジネス英会話教室 スクールブログ TOEICテス...

TOEICテスト、効果的な学習してますか?!ただ問題を解くだけじゃダメなんです!

生徒さんからの要望で、TOEICテスト対応のレッスンをお受けすることが多くなっています。会社から何点以上取るようにと具体的にガイドラインを設けられているケースが多いとのこと。

そんな生徒さんに、どんな学習をしているかお聞きすると、異口同音に言われるのが、

「定評のあるTOEICの問題集を解いています」

「TOEIC公式問題集を解いています」

当方から、「それから?」と聞くと、

「答え合わせをして、間違えた問題は解説をよく読みます」

また、「それから?」と聞くと、

「それだけです。また新しい問題にチャレンジしますけど。。。」

以上がほとんどの生徒さんからの回答です。

当方の感想は、まず問題集の活用が不十分だと言うことにつきます。「実にもったいない!!」です。

本業が経営コンサルタントで、顧客先、特に製造業(メーカー)の生産ラインを見ることが多く、改善の第一歩として、5S活動を推奨します。5Sというのは職場管理における、「整理、整頓、清掃、清潔、躾」のことです。5Sを見ると、工場の生産性や信頼性がわかるのです。そういうこともあり、多くの企業(メーカー)で5S活動が行われているのですが、最初の「整理・整頓」が出来ているところで活動が停滞しているケースが多いのです。

ちなみに、整理(捨てる):必要なものと不必要なものを区別し、不必要なものをかたずけること、整頓(一目でわかるようにする):必要なものを必要なときにすぐ使用できるように、決められた場所に準備しておくこと、清掃(きれいにする):必要なものに付いた異物を除去すること、清潔(整理・整頓・清掃を維持する):整理・整頓・清掃が繰り返され、汚れのない状況を維持していること、躾(しつけ:守ること):決めたことを必ず守ること、と定義があります。最後の「躾」が最高レベルでここを目指す活動です。

えっ、生産管理の5SとTOEICテストの学習の何の関係が?と思われるかもしれません。実は関係があるのです。

「TOEIC問題集」を解いただけでは、5S活動の整理が出来ているにしかすぎません。つまり、出来る問題と出来ない(出来なかった)問題を「整理」したにすぎません。出来なかった問題を集めて、集中的に解いている方もいますが、それでも5S活動の「整頓」レベルなのです。

では、「問題集」はどう活用すると効果的なのでしょうか。

まず、リスニングでは、Part 2は決まりきった対話表現の宝庫です。問題文と解答の選択肢の文をペアにして、「決まりきった対話表現」として音読して覚えてしまいましょう。単なるQ&Aより、より実用的ですよ。使える表現が一杯です。

Part 3&4はリテンション(記憶保持)の力を付けるのに最高の題材です。単に問題を解くだけでなく、問題文を何度も音読し、音読した文をスクリプトを見ないで、どれだけ原文を再現できるか、キーポイントを落とさず、再現する(リプロダクション)練習が効果的です。

まず、このレベルまで使いこなしてください。これが出来ればリスニング満点も近いですよ。

また、リーディング問題の活用法も次回に。


 

(2016年4月7日(木) 12:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

外資系勤務歴は30年以上!「英語で考える」ことで、実践に役立つ英語力を

ヒロの実践ビジネス英会話教室
小林広雄 (ビジネス英会話)

新宿・高田馬場・池袋・保谷・ひばりヶ丘・清瀬・小手指・東村山

ブログ記事 ページ先頭へ