全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室東京 英国英語によるビジネス英会話スクール スクールブログ 日本語と英語の...

日本語と英語の違い

日本人と欧米の人の会話の仕方の違いにはある特徴があります。


多くの欧米の方は事実・データ・統計を基に話すのに対して日本人は感情を基に話します。


例えば、A「日本の景気が悪くて大変だよ」B「えー、それは大変だね。でもそんなに言う程悪いかな?」A「悪いよ、皆そういってるよ」B「でも僕の会社の業績は良いよ」A「とにかく悪いよ!」
上記が感情を基に話す日本人との会話だとします。


欧米の方でしたらA「日本の景気が悪くて大変だよ」B「それは大変だね。でもそんなに言う程悪いかな?株価はそんなに下げて無いし雇用率も上昇して来てるよ」A「でも皆そう言ってるよ」B「君はそう感じてるけど数字と統計では日本自体は景気悪くなってないよ」A「そうなんだ、調べてみるわ。ありがとう」


と、欧米の方は理論的なのですよね。


欧米の方々は常に未来の事を考えていて、そのため事実やデータに基づいた思考があります。一方、東洋を初めとする国は未来よりもその時の事を考えているため感情的・感覚的な人が多いと言われております。


そのため欧米人は日本人が何を言っているのかが分からなく、日本人は欧米人は言葉がキツイ、と感じる傾向があります。


そのため、日本人が欧米人と会話をする時ははっきりと、多少キツイと思われる英語でもダイレクトに話さないと言いたい事が伝わらない場合がありますので注意しましょう!


注意 全員が全員ではありません!

 

(2016年3月3日(木) 14:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

英生活12年、発音はネイティブお墨付き!海外勤務・会社設立経験あり

英国英語によるビジネス英会話スクール
島端美和 (ビジネス英会話)

東京・上野・御徒町・秋葉原・南千住・北千住・人形町・茅場町・水天宮前・新御徒町

ブログ記事 ページ先頭へ