全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室東京 ヒロの実践ビジネス英会話教室 スクールブログ 英語リスニング...

英語リスニング強化法!ヒケツはこんなところにあった!!

TOEICテストでリスニング満点495点のところ、もし350点前後で足踏み状態である方、強化法があります!

リスニング350点前後で一向に点数が上がらない場合、実は、

英語発音に問題がある場合が多いのです。

発音が弱い理由としては、学校で正規に発音記号を勉強していない、ということが挙げられます。教科書には確かに単語のとなりに、発音記号が併記されていますが、発音記号をきちんと勉強していないケースが多いのです。

原因の一つには指導する先生自身が、英語発音に自信がない場合、力を入れて指導するわけがありませんよね。

当方は幸運にも、英語専門学校に2年間通学していましたので、第1年次に「英語発音」という授業がありました。先生は日本人の方でしたが、発音記号をきちんと指導してくれました。週一時間の講義と週一時間のLLの音声授業で、合計週2時間一年間かけて、発音記号をマスターしました。

伝説の「松本亨英語高等専門学校」も2年制で、同じように第1年次に「英語発音」という授業がありました。

そう、英語の発音記号をマスターするのは、英語学習の基本なのです。

正しい英語の音が出せるということは、実は聞いた時に、その音を正しく認識できるということです。ですから、英語を聞いた時に、わかる!わけです。

さあ、もしあなたがTOEICテストリスニングで350点未満でしたら、自問自答してみてください。発音記号、自信を持って、読めますか?

もし、Noなら、まず発音記号をマスターしましょう。道が開けますよ。

お勧め教材をアップしておきます。わずか25ページの小冊子ですが、これで十分です。定価300円(税抜き)です。CDも別売で付いています。

岩村圭南著「英語の正しい発音の仕方(基礎編)」(研究社)

英語リスニング強化法!ヒケツはこんなところにあった!!英語リスニング強化法!ヒケツはこんなところにあった!!

(2015年6月24日(水) 22:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

外資系勤務歴は30年以上!「英語で考える」ことで、実践に役立つ英語力を

ヒロの実践ビジネス英会話教室
小林広雄 (ビジネス英会話)

新宿・高田馬場・池袋・保谷・ひばりヶ丘・清瀬・小手指・東村山

ブログ記事 ページ先頭へ