全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室東京 ヒロの実践ビジネス英会話教室 スクールブログ 英語を話すとは...

英語を話すとは何か?英文を作っちゃダメって知ってました??

生きた英語をたくさん読んだり、聞いたりしているうちに気づくことがあるんです。正しい英文は、いつも決まり文句(チャンク)で組み立てられているものなんだということを。そう割り切ると、英語のトレーニングもずいぶんとラクになり、変わってきます。

実際の例を見てみましょう。母と娘Barbaraの会話です。

Barbara: Isn't this the day Kenji Shima is supposed to come and see us?
Mother: Yes, it is. I wonder how long he's going to stay.
Barbara: Didn't he say?
Mother: He hasn't written us anything. It was his mother who wrote us.
Barbara: That's right. You said you two went to school together.
Mother: Yes, so many years ago, too.
Barbara: What's he coming to the U.S. for?
Mother: To go to college in the East somewhere.
Barbara: Is he flying in? Shouldn't we go to the airport to meet him?
Mother: No. He's with some kind of tour. That's all I know.
Barbara: You sure know a lot about this boy.
Mother: The boy's mother and I weren't too close in school. We've been exchanging Christmas cards over the years. That's all.
Barbara: No wonder you've never said much about her. Well, if you don't owe her anything, I guess we don't have to be too nice to him.
Mother: I'll fix some Japanese food for him.
Barbara: Yes, you do that, Mother. Dad will like that.

出典:松本亨「訪問者 THE VISITOR」(三笠書房)

会話はまだまだ続きますが、ちょっとここで会話表現を見てみましょう。

Isn't this the day ~ これは、This is the day ~ という決まり文句の否定疑問ですし、Kenji is supposed to come and see us.もbe supposed to(することになっている)とcome and see us(会いに来る)という決まり文句が合わさった形です。Didn't he say?も、He said something.という決まり文句の疑問文でsomethingが省略された形です。

あまり文法的に分析することなく、英語は決まり文句の集まりだから、英語ではこう言うんだと頭から熟語みたいなものと考えて、丸かじりすればいいのです。そうしてやってみると、これが想像以上に楽しく、効果的であることがわかるはずです。

英語がすべて決まり文句(chunk:8語程度で構成された決まりきった言い方のかたまり)であるという考えを持てば、実際に英語をつかうときにあてはめてると、自分勝手に英文を作ってもダメだということがわかります。

「英語で考える頭脳」とはこれらの英語の決まり文句をたくさん入った頭であると言えます。

英文法とバラバラな英単語(しかも日本語の和訳付き)の知識だけだと、

「あなたの話を聞いたので、その本は読む必要がないね」ということを英語で言うとき、文法と単語だけで考えると、

X To hear your story is not necessary to read the book.と書いて平気になってしまう。

正しくは、

Since I have heard your story, I don't have to read the book.

または、

Now that I have heard you tell the story, I don't have to read the book.

となる。これならば、皆さんもどこかで見たことがある英文になったのではないでしょうか。






 

(2015年6月14日(日) 22:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

外資系勤務歴は30年以上!「英語で考える」ことで、実践に役立つ英語力を

ヒロの実践ビジネス英会話教室
小林広雄 (ビジネス英会話)

新宿・高田馬場・池袋・保谷・ひばりヶ丘・清瀬・小手指・東村山

ブログ記事 ページ先頭へ