全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室東京 ヒロの実践ビジネス英会話教室 スクールブログ 「英語で考える...

「英語で考える」方法で、ビジネス英語が学べるの??

「英語で考える」って、日本人には無理なんじゃない。「日本人なんだから日本語で考えるのが自然だし、無理、無理!」

そんな声が聞こえてきます。よく聞くのは、言いたいことを日本語で考えて、その日本語に相当する英単語を思い出し、文法の力で、英語に訳して、そして発音に気をつけて、そして発話!

これを一瞬でやるんですから、ずごいですよね。

聞く方も、いったん英文を音声で聞き取り、日本語に訳してから、理解する。訳せないことはわからないまま。

これでは会話するだけで、脳が疲れるだけ。

また、この方法だと、正しい英語が頭に残らないんですよ。だって、聞いた英語、すべて日本語に訳してしまうんですから。日本語と英語、日本人のわれわれには、日本語が残るのが当然ですからね。正しい英語が頭に残ってないから、いつも日本人特有な過ちをしてしまうんです!

例えば、中級レベルの人でも、

I will challenge the TOEIC test next month.

と言ってしまいます。正しくは

I will try the TOEIC test next month.が普通の言い方です。

どうしてだか、わかりますか。辞書を引くとわかりますが、challengeは、主として「難しいこと、課題」という意味で名詞として使われます。日本語の「(物に)チャレンジする」という動詞の使いかたは、実は日本語だけで、英語のchallengeには、動詞としては「(人に)チャレンジする」という使いかたしかしないんです。

普段から、英語を英語としてインプットしていれば、challengeの使い方がわかるのですが、いつも日本語に訳してしまうため、この感覚が身につかないんです。

話すとき、日本語で考えて、「私は来月TOEICテストにチャレンジします」、これを文法で考えて、英訳するから、I will challenge the TOEIC test next month.になってしまうんです。

最初から、正しい英語、I will try the TOEIC test next month.が頭に入っていれば、ほら、正しい英語しか出てこないんです。

そう、英語で考えるためには、正しい英語を頭の中にたくさん入れておくこと!

やってみれば、誰でも簡単に出来るんです。やさしいことから覚えていけばいいんですから。

どうですか。一緒にやってみませんか。



 

(2015年5月26日(火) 22:11)

次の記事

この記事を書いたコーチ

外資系勤務歴は30年以上!「英語で考える」ことで、実践に役立つ英語力を

ヒロの実践ビジネス英会話教室
小林広雄 (ビジネス英会話)

新宿・高田馬場・池袋・保谷・ひばりヶ丘・清瀬・小手指・東村山

ブログ記事 ページ先頭へ