全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室神奈川 TAKサバイバルビジネス英会話教室 スクールブログ NYボトルマン...

NYボトルマンとの価格交渉?

NYにも何度も出張に出かけましたが80年代後半のころ。

当時NYは毎日20人は殺害されていた、とされていたくらい治安最悪の時代。
毎晩マンハッタンには救急車が走り回り、廃墟多く、またマンホールの蓋からは猛烈なスチーム噴出などメンテもままならず、正にバットマンのゴッサムシティの世界。

当時の出張は2-3ヶ月滞在が当たり前の時代で、僕もすっかりNYに慣れたつもりで、いつものように夜食の後マンハッタン界隈、パンナムビル!(当時)あたりの暗がりをふらふらほろ酔い加減で歩いていたときのこと。

突然身の丈2m超えの巨人が現れ、近づいてくるではありませんか。NYの歩道は広いのになぜか。そのうちすれ違いざまに軽く肩と肩が軽く触れ合い。。。その瞬間「Excuse me sir. You did it」とか言いながら紙袋を見せられ、見ると割れたボトルから液体がトロトロと。

100ドル出せと言われてようやく、やられた、これが(当時)悪名高い「ボトルマン」かと思いながらもつい相手を睨みつけてしまい、オマケに口をついてでてきたのが一言「50/50」(お互い様じゃないの、のつもり)。

にらみ合い何秒だったか忘れましたがそのうち「OK」となり、命拾いとネゴ成功!

後でNY支店の上司からこっぴどく叱られましたが確かにこれは絶対やってはいけないことで当時私も大いに反省。
しかし学ぶところがあるとすれば【土壇場のネゴは、するなら、絶対ピーチクパーチク無用、相手とアイコンタクトの上短い分かりやすいコトバで】でしょうかな。
これも私のサバイバル英語のひとつかも、です。

またしても、英会話はいろんなところで学べます、の例でした。

 

(2015年5月20日(水) 11:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

海外駐在・外資系勤務歴も豊富なコーチがビジネス場面を生き抜く英語を伝授

TAKサバイバルビジネス英会話教室
高橋敏夫 (ビジネス英会話)

川崎・横浜・戸塚・渋谷・武蔵小杉・菊名・新横浜・桜木町・関内・石川町・新杉田・東戸塚...

ブログ記事 ページ先頭へ