全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室大阪 ビジネス英語3つのスーパースキル スクールブログ 【その3:スキ...

【その3:スキマ時間を使って、気軽に英語に慣れ親しむ】

前々回と前回のブログで、ITとラジオを使った英語学習法をご紹介して
きましたが、今回はその応用編として「英語教材を外に持ち出す」方法について
説明致します。

ご自宅のデスクでガリガリ勉強するのもいいですが、たまには書を捨てて
外に飛び出しましょう。いい気分転換にもなりますよ。


●私の学生時代のリスニング学習法

私が学生だった頃は、インターネットはもちろんパソコンもCDも
まだない時代でした。語学教材としての音声を聴く手軽な手段としては、
当時は「カセットテープ」しかなかったのです。

高校生になったころ、ウォークマンが発売されましたが、カセットテープは1巻につき
最長で120分しか録音できないので、外出先で語学教材のリスニングをするといった
ようなことは、まだまだ一般的ではありませんでした。

私の場合、教科書に準拠した市販のカセットテープ教材を買ってもらって、それを自宅の
ラジカセで聴きまくりながら、ひたすら音読の練習をしていました。

●格段に便利になった現代の英語学習法

さて、それに比べて現在の英語学習法ですが、すっかり様変わりしました。

語学雑誌はもちろん、英語学習の単行本にいたるまで音声CDが付属していることが
多く、あなたのやる気と少しのお金さえあればどんな人でも英語を学習する環境が
整っています。

もちろん、本屋さんで英語本を買わなくても、インターネットにつながる環境さえ整っていれば、自宅にいても英語は勉強できるのです。

いくつか具体的な例をあげてみましょう。

【YouTube】

アメリカのコンピューターメーカーApple社の創業者である故スティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学卒業式での記念スピーチです。これから社会に巣立っていく若者へのはなむけの言葉として、すばらしい内容のスピーチになっています。

Steve Jobsスタンフォード大学卒業式での記念スピーチ
https://www.youtube.com/watch?v=Mk7AYIqE9Po

【TED Talks】
TED(Technology Entertainment Design)は、アメリカで年1回、大規模な
世界的講演会を主催しているグループのことです。

2006年からその講演会の模様をインターネットで配信するようになり、それをきっかけに広く世界中で知られるようになりました。

今回は、そのTEDのウェブサイトの日本語版を紹介することにします。字幕が付いているので、英語の初学者の方にも理解しやすくなっています。

TED Talks Translations Talks in 日本語
http://www.ted.com/translate/languages/ja

【VOA】
VOA(Voice of America)は、アメリカ連邦政府の英語による公式ニュース放送です。
全世界のニュースを網羅していますので、情報番組がお好きな方にはおすすめです。

VOA
http://www.voanews.com

● 私のiPod活用事例

さて、ここで私が日頃から行っているiPodを使ったリスニングのトレーニング方法を
ご紹介します。なお、iPodをお持ちでない方はiPhoneやiPadでも代用可能ですので、
ぜひ試してみてください。

1.iTunesにPodcastや語学CDを登録する
Apple社の音楽管理ソフト「iTunes」には「Podcast」というサービスがあります。
iTunes Storeの「Podcast」で、無料の英語プログラムを登録し、
iPodに同期させましょう。語学CDの場合も同様に、iTunesに読み込ませた後
同期をすればOKです。ちなみに、私は「NHK実践ビジネス英語」を毎月
iTunes Storeからダウンロード購入して聴いています。

2.外出先で英語のリスニング力を鍛える

毎日お仕事に忙しく、特別に英語学習の時間をなかなか取れない
ビジネスパーソンの方が多いと思います。そんな時は、まとまった
時間を確保するかわりに、移動時間を勉強時間にあててはいかが
でしょうか。

私は朝の通勤電車では、必ず英語のPodcastを聴くようにしています。
寝ぼけ頭に英語のシャワーはなかなかハードであることもありますが、
習慣づけていくとむしろ聴かないと落ち着かないようになるから
不思議です。

私が聴いているのは、「BBC World News」や「Wall Street Journal
Tech News Briefing」などですが、いづれも20分から30分までの
手頃な時間ですので、比較的聴きやすいです。


3.ディクテーションのトレーニングにも活用

「NHK実践ビジネス英語」では「Words and Phrases」というコーナーがあります。
その日の英語会話文に登場する新しい単語や熟語をピックアップして、英語で
解説がされています。

私はその英語解説をすべて文字に起こす、いわゆる「ディクテーション」を行って、
自分自身のリスニング力を鍛えています。今年の6月頃から始めたのですが、
最初はとてもキツくて、何度も途中で挫折してしまいました。今では
慣れてきたのか、比較的スムーズに英語に起こすことができています。



さて、全部で4回にわたった「ITとラジオで英語を学習する方法」いかがでしたか?
言葉足らずなところが多く見受けられたかもしれませんが、今後のブログでは
みなさんが「試してみたい!」と思ってもらえるよう、随時補足を加えながら
更新していきます。

活用の方法は人それぞれなので、実際にいろいろ試してみてご自分にぴったり合った
英語勉強法を編み出してみてください。

 

(2013年11月13日(水) 17:02)

前の記事

この記事を書いたコーチ

貿易会社勤務経験、英語ITヘルプデスクも担当も。電話対応~試験対策まで

ブログ記事 ページ先頭へ