全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室東京 グラマラス・グラマー・ビジネス英語塾 スクールブログ インターナショ...

インターナショナルなお仕事とは…

大人になってから、改めて英語を勉強し直したい!と思われた方の動機、その多くは、「仕事で必要だから」。とはいえ、英語を使う環境は、本当に人それぞれに、違うようです。

多いのは、職場環境は100%日本人だけなのに、仕事先や海外の支社、関連会社との連絡にだけ、英語が必要だという状況。電話やEメールを英語でやり取りする場合に、自信が持てない、という場合です。

この場合、急場をしのぐには、とりあえず業務上必要な英語表現の必須パターンを抽出し、間違いや誤解を生じさせることなくスムーズに使えるようになること。そして、英語力全体の基礎となる文法を正確に使用できるように徹底的におさらいし、また語彙や表現力をこつこつと積み重ねて、広げていくこと。この2点が必要になります。

すると少しづつ自信もついてきて、数か月のうちには、堂々と、楽しく、英語が使用できるようになるはずです。

案外難しいのは、既に英語の職場環境にあって、でも自分の英語力に限界を感じてしまっている場合。上司や同僚が外国人で、業務もバイリンガルなのに、ちゃんと英語を使えているかどうか、自信がないという状況です。

この場合、何となくちゃんと英語が使えている状況から、自信を持って「真のバイリンガル」と思えるようになるまでには、毎日の細かい努力が必要になります。

文章や会話に出てきたあやふやな単語や表現を見過ごさず、メモをしておいて後できちんと確認する。ビジネス文書の基礎をきちんとおさらいして、毎日の業務でブラッシュアップする。そして何より、職場においてありたい自分、あるべき自分を具体的に設定して、英語力だけでなく、仕事力全体の向上のために努力する。

そんな毎日を過ごしてれば、ある日ふっと、英語の仕事が楽になって、違う自分に脱皮していることに気づくでしょう。

楽しみですね!

 

(2013年3月14日(木) 11:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大使付通訳として活躍。中東の日本大使館勤務・国際秘書などキャリア豊富

ブログ記事 ページ先頭へ