サイタ英会話教室ビジネス英会話教室東京 英国英語によるビジネス英会話スクール スクールブログ 日本語と英語で...

日本語と英語で意味が違う単語

日本語と英語で意味の違う単語って結構あります。


例えば、claimクレーム。


日本では「苦情」と捉えられますが、英語では「報告する事・伝える事」となります。


Dealingディーリング。


日本では投資家が取引する際に使用されますが、英語では人とのやり取り、企業間でのやり取りとしても使用します。


Sourサワー。


居酒屋さんに置いてあるお酒を思い浮かべる方が多いかと思いますが、英語では酸っぱいと言う意味になります。


何故この様に変化したのかを考えると面白いですね^^

 

(2013年2月8日(金) 23:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

英生活12年、発音はネイティブお墨付き!海外勤務・会社設立経験あり

英国英語によるビジネス英会話スクール
島端美和 (ビジネス英会話)

東京・上野・御徒町・秋葉原・南千住・北千住・人形町・茅場町・水天宮前・新御徒町

ブログ記事 ページ先頭へ