サイタ英会話教室ビジネス英会話教室神奈川 T's イングリッシュ スクールブログ 英語は声に出し...

英語は声に出してみよう

英語の熟語や表現は、けっこう覚えているのに、なかなか口から出てこない・・・・・
これは、英会話を習う多くの人が、経験していることではないでしょうか。

会話は「口」を使うもの。
だから独り言でも歌でもいいので、普段から声に出してつぶやいたり、会話の本などを音読して、
英語をできるだけ口に出すことが大切です。

例えば、スーパーに行くとき、
"I am going to a supermarket. I will buy some onions and fish for dinner."
と、つぶやいてみる。

慣れてきたら、単語を変えたり、時制やフレーズを変えたりして、表現に磨きをかけていきます。

普段から声に出して練習するよう心掛けて、英語を話すことに慣れていけば、
少しずつスムーズに口から出るようになりますよ^^


 

(2012年9月20日(木) 12:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アジア有数の国際テニス大会の海外渉外を担当。ビジネスメール~翻訳まで

新着記事

皆さんが子供の頃、早口言葉で遊んだことがあると思います。   なまむぎ なまごめ なまたまご   東京特許許可局   新春シャンソンショー 言えそうで、これがなかなか難しいですよね。 英語にも早口言葉があり、”Tongue Twisters”といいます。 いくつか定番をご紹介し...

春ですね~。 桜が一気に満開になった今年、お花見を楽しんだ方も多かったのではないでしょうか。 さて、今日は英語の発音についてです。 日本の中学・高校の英語の授業では、大学受験の関係で、ある程度仕方がないのかも しれませんが、どちらかというと読み・文法が中心です。 先生も、あま...

さて、問題です。これらは英語でしょうか? 1. アルバイト 2. バックミラー 3. マンション どれも馴染みのある、英語っぽい言葉ですよね。 実は、すべて日本語、つまり和製英語です。 日本にはカタカナ語があふれています。 カタカナの言葉は、つい英語かと思ってしまいがちですが、...

秋ですね~。 読書にもいい季節です。 さて、前回洋書デビューについて触れましたが、 楽しみをもっと広げていただくために、もう少し書きます。 皆さんの好きなこと、趣味に関する洋書もおすすめです。 例えば、  ・料理レシピ  ・スポーツ(好きな選手の自伝、etc.)  ・旅...

英語が少しできるようになってくると、ぶつかるのはやっぱり単語の壁。 これはもう、覚えるしかありません。 単語力をつけるために、洋書を利用してみるのも、勉強方法の1つです。 洋書が読めると、世界がとっても広がります。 本当は、分からない単語のたびに辞書を引くのが一番ですが、 あ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ビジネス英会話レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ