全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室東京 ビジネス海外組 スクールブログ ビジネスで英語...

ビジネスで英語を使うということ

ビジネス英会話とはなんでしょうか?

「ビジネス・イングリッシュ」ときくと、専門的なフレーズがバンバン飛び交う、若干とっつきにくいイメージがあります。でも、それをシンプルな言葉で言い換えると、実は「日常英語 + ビジネス単語」というだけのこと、ですよね。プレッシャーに感じる必要はまったくありません。

もう一つ言えることは、ビジネスの現場は英語を実践する場として、とてもやり易いということです。これはコミュニケーションの目的を、海外のビジネスパーソンと共有しているからだと思います。つまり、社会人同士が、仕事上の理由でコミュニケーションをとるわけですから、会話の相手になる英語ネイティブスピーカーも、一生懸命に意思を伝えようとするあなたに対して、尊敬と寛容をもって接してくれるはずです。だからこそ、英語を試す側とも言える私たち日本人は、失敗を恐れずにいっぱいしゃべることが重要です。試せることは何でも試す“trial and error”のスピリットが、ビジネス英会話向上の鍵になるのではないでしょうか。

実際の学習の方向性としては、専門的なビジネス・フレーズを覚えることももちろん大切ですが、それよりも重要なことは、「基礎的な英会話の力」だと私は思います。派手な言い回しやフレーズで自分の身を固めても、会話の際に正しく文章を組み立てることができなければ、上手にコミュニケーションはとれません。英語学習の地味な側面にも力を入れることで、派手なビジネスフレーズを効果的に、機能的に、カッコよく、そしてより派手に使えるようになると思います。

 

(2012年1月29日(日) 21:15)

次の記事

この記事を書いたコーチ

サンフランシスコ州立大で映画を専攻。外資系デザイン会社にて翻訳経験も

ビジネス海外組
谷本昇太 (ビジネス英会話)

渋谷・溝の口・池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学・用賀・二子玉川・高津・梶が谷・鷺沼

ブログ記事 ページ先頭へ