全国5万人が受講している「サイタ」

ビジネス英語・ビジネス英会話学校

ビジネス英語・ビジネス英会話学校を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室ビジネス英会話教室大阪 ビジネス英語3つのスーパースキル スクールブログ ITとラジオで...

ITとラジオで、リーズナブル&着実なステップアップを目指さへん?

こんにちは!たまたまこのブログに行き着いた人も、ちょいちょい立ち寄ってくれてる人も、どうもありがとうございます!現在、新しいスクール開講に向けて、着々と準備中。えっ、どんなスクールなのかって。

簡単に言ってしまえば、

「デジタル機器とラジオを使って、多量のインプットとアウトプットを行い、実際に使える英語を脳にしみ込ませるスクール」

ということなんです。

+++

本題に入る前に、僕を知らない方々のために、私の経歴をちょっとお話ししますね。

● 英語とITの世界にどっぷりつかってきた
かれこれ20数年前に外国語大学のアラビア語学科を卒業。家電メーカーや商社で貿易の仕事を10年間、そしてIT業界に飛び込んでAppleコールセンターや外資系製薬会社、私立大学などでITヘルプデスクをこれまた10年間ほど経験して、今に至っております。仕事の合間に、英語の家庭教師などもゆるゆるやっております。

● あなたはなぜ、今まで英語ができなかったのか
さて、長年の英語を使った仕事経験のなかで僕なりに気づいたことがあります。それは、

「英語が話せないのはアンタのせいやない!」

ということ。

えっ、どういうことかわからへん?それじゃ、ゆっくりとご説明いたしましょう。

● 学校での英語勉強量は、実は「むっちゃショボい」

「中学、高校と合わせて6年間も英語を勉強したのに、いっこもしゃべられへん」って言う人、よういますよね?「だからウチは英語の才能ないんや」いうて。

言っとくけど、そんなことぜんぜんありませんから!

「6年間」てひとくちで言いますけど、実際の勉強時間にしたら、たったこんだけなんです。

3時間/週 x 4回/月 x 12ヶ月 x 6年間 = 864時間(9年間で英語を勉強した総時間)

中学校や高校での英語の時間割は、せいぜい1週間に2時間、多くて3時間ぐらいしかなかったでしょ?1ヶ月は4週間として、1ヶ月で8時間~12時間、1年で144時間、すると英語の6年間での総学習時間は1000時間にも満たないわけなんです。

それに、この計算は夏休みや年末年始の休みは考慮していないので、実際はもっと少なくなるでしょうね。

およそひとつの物事に上達するには、ざっと「10,000時間」の練習が必要だ、と科学的に証明されているようですから、私たちが学校でやってきた英語の学習時間はまったく足りていなかったのです。

「いや、オレは自宅でも英語の予習・復習をしっかりやっていたから、もっと勉強してるはず!」っていう方もいるでしょう。それにしたって、実際やっているのはせいぜい英文和訳と単語の暗記ぐらいなので、「英語を使いこなす」練習がまったくできていません。

でもこれは、決してアナタのせいではありません。「学校の時間割がそうなっていたから」「暗記中心の学習方法だったから」で、言ってみればそんなやり方でしか教えてくれなかった学校(文部科学省?)の責任なのです!

● 「ITを使った英語学習」ってどんなもの?
でも「わかっちゃいるけど仕事も忙しいしぃ、なかなかやる気になれんのやわ~」っておっしゃる人、けっこう多いですよね。

そこで、私がいま準備している「ITを使った英会話」だったら、あなたの英語力をこんどこそ伸ばすお手伝いができるんやないかなぁということなんです。

簡単に言うと、次のような3つの考え方に基づいています。

1.ラジオを使って、お金をかけずに毎日コツコツやることを心がける。
2.スマホ・タブレット・パソコンを使って、いつでもどこでもひとりでも学習する。
3.スキマ時間を使って、気軽に英語に慣れ親しむ。

次回のブログでは、それぞれのポイントについて具体的に解説していきます。

 

(2011年9月17日(土) 20:07)

次の記事

この記事を書いたコーチ

貿易会社勤務経験、英語ITヘルプデスクも担当も。電話対応~試験対策まで

ブログ記事 ページ先頭へ