全国5万人が受講している「サイタ」

品川駅周辺の日商簿記3級試験対策講座・スクールをプライベートレッスンで探す

品川校

初めて簿記3級を受験する方も安心!
日時を選べる個人レッスンです

品川駅の日商簿記3級試験対策講座・スクールを探すならプライベートレッスンのサイタ。人気の日商簿記3級試験対策講座・スクールは佐藤拓斗先生の大手メーカーの経理、会計税務のコンサル会社など経験豊富!実践的に指導、藤田新一郎先生の異業種で経験を積み、3社で経理を担当。実務で磨いてきたノウハウを伝授などです。現在、4件の日商簿記3級試験対策講座・スクールがあります。

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり3,700円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

無料体験レッスンの申込みはこちら

サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験 東京 品川

佐藤 拓斗 

初学者の方は簿記は堅苦しい、難しいというイメージを持たれているかと思いますが、かくいうわたしもそうでした。 「借方」「貸方」って何?......

  • 初めて簿記3級を受験する方歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(1件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 3,700円

  • 詳しく見る
  • 現在、新規の受講生は
    受け付けておりません

大手メーカーの経理、会計税務のコンサル会社など経験豊富!実践的に指導

分かりやすく実務に役立つ日商簿記3級講座

藤田 新一郎 

簿記=帳簿記入 というと「難しそう。というか帳簿??なんですかそれ?!」 と思うかもしれませんが大した事はありません! ......

  • 初めて簿記3級を受験する方歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

 

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 3,700円

  • 詳しく見る
  • 現在、新規の受講生は
    受け付けておりません

異業種で経験を積み、3社で経理を担当。実務で磨いてきたノウハウを伝授

初心者にわかりやすい日商簿記3級試験講座

津城 友哉 

さて、質問です。 「あなたは、なぜ簿記をしようと思ったのですか?」 資格を取りたいから、仕事で必要だから、色々ありますよね。 ......

  • 初めて簿記3級を受験する方歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

 

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 3,700円

  • 詳しく見る
  • 現在、新規の受講生は
    受け付けておりません

独学で2級まで取得したコーチと一緒に、楽しみながら学び、合格を目指す!

つっしー日商簿記3級講座

河北 明人 

簿記の知識が不要な会社はありません。 会社は自社や各部署の業績を把握するため、また税金を払うため等、 簿記の知識が必要になります。......

  • 初めて簿記3級を受験する方歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

 

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 3,700円

  • 詳しく見る
  • 現在、新規の受講生は
    受け付けておりません

会計士・税理士取得済み。理屈を学ぶから、本番で初めて見る問題も楽勝!

楽しく学び実務に繋げる日商簿記3級講座

品川の日商簿記3級講座・検定試験対策スクール ・・・計4件

品川 日商簿記3級講座・検定試験対策スクール ページ先頭へ

人気のエリアに絞り込む

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

【日商簿記3級のスクールで起こりがちなトラブル】
「無料レッスンを体験して好印象を持ったので、入会金無料キャンペーン中の今のうちにと思ってその場で入学の契約をしてきました。しかし家に帰ってからいろいろ考えてみると、やっぱり考え直したくなってきました。契約をキャンセルできたらと思うのですが、もう遅いでしょうか?」 このような場合、一人だけで考えるのではなくまずスクールに連絡をしてみましょう。簿記スクールの場合、クーリングオフ制度は適用されていません。しかし、契約書に解約可能と書いてあれば可能です(もちろん、不可能と書いてあれば残念ですが不可能です)。ひとまず聞いてみるだけは聞いてみましょう。 「講座の全過程を修了した後は就職のサポートをしてくれるという話で、それはホームページにも書いてあったのに実際は仕事の斡旋などは何もしてくれません。説明会などではあれほど就職率をアピールしていたのに、詐欺ではないでしょうか。納得できません」 納得がいかないお気持ちは理解できます。しかし、「就職のサポート」というあいまいな表現を見て、書かれていないことを期待してしまったのであれば、詐欺とは言えずスクールに落ち度はありません。なお、就職の斡旋については、厚生労働大臣の許可がなければできません。 あいまいな表現は、掘り下げて考えることで思い込みを回避できます。早合点に気をつけましょう。 「ウェブサイトや説明会の時に「入学金と受講料の他にテキスト代がかかる」と言われていたのでそれは納得していました。その分の費用はちゃんと計算し、これなら良いと思って契約したのですが、受講を開始した後になって更に施設費などを請求されました(パンフレットにも書いていない)。予定外の出費を求められて困るのが正直なところですが、やっぱり支払う必要があるのでしょうか?」 このような問題が起こった場合は躊躇せずにスクール側に言いましょう。話が違う、記載がない、と指摘してスクール側が非を認めれば、支払わずにすみます。けれども、実は利用規約の中に書いてあって受講者が見落としただけであればもちろん支払う必要があります。 ここまでトラブルのケースを見てきましたが、ここでトラブルを避けるために何が必要なのか、考えてみましょう。 まず、契約書・利用規約が力を持っているということは無視できない事実です。それは受講者にはもちろんスクール側にとっても同じことです。ですから内容はよく確認しておくことが大切です。 また、あいまいな表現や記載されていない事項についても注意が必要です。記載されていないことについては受講者は発想が及びませんし、あいまいな表現に力はありませんから、スクール側にとっては(悪い言い方をすれば)抜け穴というか、スキがあります。ですので、あらかじめどういったトラブルが起こりうるか予想し、先に聞き出しておくことができればこういったグレーゾーンのいざこざは未然に回避することができます。 どのような場合であっても、契約は自己責任でするものです。ですから不明点は必ず問い合わせて明らかにしましょう。

twitter

サイタ 日商簿記3級試験講座
先生のつぶやき


ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる