資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 レッスンノート

すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座レッスンノート(7ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

勘定科目の意味について解説しました...
勘定科目の意味について解説しましたが、問題を解く上で、間違えやすいポイントをまとめました。 当座借越・・・当座預金の残高不足の時に、当座借越を使って仕訳をしたら、その後当座預金に入金があっ...
貸借対照表B/Sと、損益計算書P/...
貸借対照表B/Sと、損益計算書P/Lの中の勘定科目について 貸借対照表は、大きく分けて、資産、負債、純資産の部で構成されています。 各部の中に、勘定科目があります。 資産の勘定科目...
貸借対照表や損益計算書などの財務諸...
貸借対照表や損益計算書などの財務諸表についてお話させていただきました 貸借対照表(B/S)は、表の右上に日付がありますが、その日付現在の会社の財産が全て記載されています。載せないといけませ...
当座預金“当座預金”は、資産の...
当座預金 “当座預金”は、資産の勘定科目です。仕訳をするときは、当座預金が増えたら借方(左)、減ったら貸方(右)に記入します。 小切手を作成し、先方に渡したら、当座預金の減少となるので、貸方...
現金硬貨・紙幣以外のものでも、...
現金 硬貨・紙幣以外のものでも、現金の勘定科目を使うものがいくつかある、というお話をしました。 銀行などに持っていけば、現金に換えてくれるものが、現金となります。 期限到来後の公社債の利札...
日商簿記3級第139回試験問題の見...
日商簿記3級第139回試験問題の見直し 第2問について 仕訳の形にしてから、問われている日付ごとに仕訳を集める方法が、手間はかかりますが、正確だと思います。当座借越にも気づいていましたし、ち...
現金について勘定科目の「現...
現金について 勘定科目の「現金」には、紙幣と硬貨以外にも、「現金」と記入するものがあります。 ・他人振出小切手 ・郵便為替 ・送金小切手 ・配当金領収書 ・期限到来後の公社債...
簿記とは日商簿記3級は、個...
簿記とは 日商簿記3級は、個人商店を対象としています。商店街などの八百屋さんなどをイメージしてみてください。 お店を開店する前に、お客さんに売るための商品を市場で仕入れ(仕入) お...
勘定記入資産、負債の勘定は、...
勘定記入 資産、負債の勘定は、 前期繰越で始まり、次期繰越で締め切ります。 収益、費用の勘定は、 残高を0にするために、損益勘定を使って、締め切ります。 全ての収益費用勘定を、損益勘定...
実務における仕訳大切なことは、...
実務における仕訳 大切なことは、会計期間中の正確な収益と費用、正確な資産と負債が、仕訳されているかということです。 会社の会計 収益-費用=利益(会社の儲け) 税金は、会社が得た...

すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座のレッスンノート ・・・計93件

すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 ページ先頭へ