資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 レッスンノート

すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

検定試験前の確認
試算表の計算の仕方 ①全ての仕訳は、1列に書いた方が、計算がしやすいです。 ②借方は、借方、貸方は貸方で、計算した方が、目が右にいったり左にいったりせず、計算間違いが防げます。 ③電卓...
模擬問題の解説
消耗品・・・資産 消耗品費・・・費用 最初に消耗品を購入したとき、どのように仕訳をしたかによって、 決算時の決算整理仕訳が違ってきます。 『消耗品』は、資産の勘定科目です。未使用の財...
模擬問題の解説
・合計試算表 各勘定科目の借方は借方だけで集計、貸方は貸方だけで集計し記入します。 ・残高試算表 借方と貸方を集計後、最終的な残高を記入します。なので、借方か貸方のどちらか一方にしか記...
問題の解説
勘定記入 貸借対照表の勘定科目(資産、負債の勘定科目)は、 前期繰越で始まり、次期繰越で終わります。 損益計算書の勘定科目(費用、収益の勘定科目)は、 最後に損益の勘定科目に振り替え...
減価償却と貸倒引当金
減価償却と貸倒引当金の設定についての注意点です。 ・減価償却 期中に建物や備品を購入した時は、決算時の減価償却は月割りとなります。 1年間の減価償却費を計算したあと、経過した月数分だけ...
簿記の流れ
基本的な簿記の流れを書いておきます。 毎日の取引を、ルールに従って仕訳し、一定期間ごとに集計したものが、財務諸表(貸借対照表、損益計算書)となります。 毎日の取引の仕訳は、勘定科目を...
テキスト第6章_株式の発行
合併・・・A会社とB会社が1つの会社になること。このうち、吸収合併は、B会社が消滅してA会社が存続する。 買収・・・A会社がB会社の資産や株式を買取り、B会社を支配する。A会社がB会社の経営権...
テキスト第4章_固定資産
・今回のレッスンで新たに出てきた勘定科目 固定資産除却損、貯蔵品 固定資産廃棄損 火災損失、保険差益、未決算 修繕費 ソフトウエア、ソフトウエア償却 特許権、特許権償却 商標権、商...
テキスト第3章_有価証券
・今回のレッスンで新たに出てきた勘定科目 子会社株式、関連会社株式 その他有価証券、その他有価証券評価差額金 建設仮勘定 ・端数利息の処理 日数の計算は、 「直近の利払日の翌日か...
日商簿記2級:現金、手形、有価証券
3級では出てこなかった勘定科目が、今後どんどん出てきます。勘定科目名を見て、どういうときに使う勘定科目だったのか思い出せるようにしてください。 勘定科目 不渡手形、営業外支払手形、営業外...

すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座のレッスンノート ・・・計93件

すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 ページ先頭へ