資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 覚えやすい真人の日商簿記講座 レッスンノート

覚えやすい真人の日商簿記講座レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

貸倒引当金の考え方
今回は引当金の処理がメインでした。 引当金はなぜ設定するのでしょうか? 引当金は、当期の活動が原因で来期または来期以降に損失や費用を発生させる事が確実視される時に計上します。 その...
今回で、費目別計算が終了です
人件費のことを労務費といいます。 労務費にも次の様な種類がありました。確認して下さい。 賃金⇨工員の労務費のことです。 ㊟工員のうち、直接、製品作りに携わる作業をしている者を「直接工...
有価証券の処理(Ⅰ)
2級で学習する有価証券については、勘定科目とBSに表示する表示科目をしっかりおぼえましょう。 勘定科目は、その有価証券の保有目的によって使い分けています。 また、各有価証券をBSで表示する時...
商品売買取引について、期中取引から決算まで確認しました。
商品売買取引で、返品、値引き、割戻しが生じた時の処理について確認しました。 返品とは? 取引済みの商品に何らかの問題があって、取引そのものをなかったことにする処理をすること ...
純資産の処理を様々な視点から学習しました。
純資産に属する勘定科目について概要を覚えました。 純資産は「株主資本」「評価換算差額等」「新株予約権」に分かれます。新株予約権は2級では学習しません。 「株主資本」自体は、株主から貰...
総合原価計算はBOXを書いて解く! そのテクニックを覚えました。
総合原価計算で使うBOX計算の復習をしました。 計算自体はスラスラと出来るようになりました。 ただ、BOXを自分で正確に書けるか?というと、いまいち心配な状態でしたよ(笑)。 次回...
主に剰余金の処分についてインプットしました。
以下を覚えていますか?確認して下さい。 株式会社が当期純利益を計上した時の仕訳 ( 損 益 )××× (繰越利益剰余金)××× 決算整理後の収益、費用の残高は全て取り消します。そ...
労務費の原価計算と仕訳の練習をしました。
工場で働く人達の人件費のことを工業簿記では「労務費」といいます。 工場で働く人達は工員さんだけではありません。事務員さんもいますし、パート、アルバイトの方もいます。工場長もいるでしょう。 ...
3級合格おめでとう!次は2級に受かりましょう。2級合格の足掛かりは工簿です
総合原価計算で使用するBOXの書き方を復習しました。 ポイントは先入先出法のBOX、平均法のBOXをきれいに作図できること また、仕損や減損がある場合は、BOXの右側の完成品の枠と月末...
個別論点、有価証券を終了しました。
売買目的有価証券とその他有価証券は、決算日に時価に評価替えしました。 何故、評価替えするのかというと...これらは、BSに表示する時は簿価ではなく、時価で表示させるという表示ルールがあるか...

覚えやすい真人の日商簿記講座のレッスンノート ・・・計409件

覚えやすい真人の日商簿記講座 ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta