資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 覚えやすい真人の日商簿記講座 レッスンノート

覚えやすい真人の日商簿記講座レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

純資産会計、各種引当金、税金関係、課税所得の計算
以下、純資産会計を確認しておいて下さい。 増資時の株式発行は、申込の受付中の仕訳と払込期日の仕訳を時系列で整理する 申込受付中 (別 段 預 金)××× (株式申込証拠金)××× ...
電債、引当金を学習しました。
電子債権って便利ですよね。 A社に対する売掛金を電子債権化しておけば、その売掛金の債権額をB社への支払いのために分割譲渡出来ることを確認しました。 また、他社に、その売掛金の債権額を売却...
金庫の実査、銀行勘定超背法
決算日に現金過不足に陥った時、どう処理するか?既に3級で知っている知識ですが、2級では実際現金有高を、「金庫の中を実査したら、こんなのが入っていました。」という形で出題してきます。 これに...
決算の脳回路を早くつくりましょう!
決算の脳回路を作るための練習の続きをやりました。 精算表直接記入の要領をしっかり覚えておくようにしてください。 特に、 費用、収益の、繰入、繰延処理は入念に問題を解いてみて下さい。 ...
純資産の処理は2級の会社会計の中心課題です
純資産に属する勘定科目について概要を覚えました。 純資産は「株主資本」「評価換算差額等」「新株予約権」に分かれます。新株予約権は2級では学習しません。 「株主資本」自体は、株主か...
満期保有目的債券の決算日の処理は作図で整理出来る!
満期保有目的債券決算日の処理を復習です。 「満期保有目的債券」は転売するつもりが無いので、時価評価することは無いが、額面金額と取得時の差額(金利調整差額といいます)を、当期経過月数分だけ調...
リース取引、無形固定資産、研究開発費を学習しました
無形固定資産 長期利用目的で保有する「法的権利」や「経済的価値」を無形固定資産といいます。 固定資産なので、決算日には償却処理をします。 忘れないで欲しいのは、償却は残存価額なしの...
貸倒引当金の考え方
今回は引当金の処理がメインでした。 引当金はなぜ設定するのでしょうか? 引当金は、当期の活動が原因で来期または来期以降に損失や費用を発生させる事が確実視される時に計上します。 その...
今回で、費目別計算が終了です
人件費のことを労務費といいます。 労務費にも次の様な種類がありました。確認して下さい。 賃金⇨工員の労務費のことです。 ㊟工員のうち、直接、製品作りに携わる作業をしている者を「直接工...
有価証券の処理(Ⅰ)
2級で学習する有価証券については、勘定科目とBSに表示する表示科目をしっかりおぼえましょう。 勘定科目は、その有価証券の保有目的によって使い分けています。 また、各有価証券をBSで表示する時...

覚えやすい真人の日商簿記講座のレッスンノート ・・・計396件

覚えやすい真人の日商簿記講座 ページ先頭へ