サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 めざせ日商簿記3級合格講座 スクールブログ 宝くじには税金...

宝くじには税金がかかる!?。実は、40%の住民税が課税されている!!。

宝くじには税金がかかる!?。実は、40%の住民税が課税されている!!。

皆さんは、『宝くじに税金がかかっているのか!?』と聞かれれば、即税金はかかっていないと答えるはずです。

そうです。
連番でジャンボ宝くじを購入して、1等賞と前後賞を合わせて7億円の宝くじが当たっても非課税です。
これは、『当せん金付証票法』によって非課税所得になっているからです。

では、宝くじの何に対して税金が課税されているのか、です。
宝くじを発行するためには、発売するための宣伝広告費や宝くじ自体を制作するために印刷費等、もろもろの諸費用が掛かっています。
また、宝くじの発売元が『市町村振興〇〇ジャンボ』宝くじとして販売されているために地方税として40%、宝くじを購入した時に課税されているのです。

ですから、
宝くじ10枚1セットを3,000円で購入すれば、購入した段階で1,200円の住民税を納付をしている事になる訳です。

なぜ、購入時に課税されているのかと言うと、当せん金に所得税を課税するよりも、購入時に課税した方が税収入が増えるからです。

次に、〇〇ジャンボで7億円当たった~~~と、ラッキーな人生が訪れた場合、7億円は全額非課税になるのでしょうか!?。
違います、何もしなければ、当然一時所得として所得税が課税されます。
では、非課税になるためにはどうすれば良いのでしょうか!?。

高額当せん金の受領は、みずほ銀行で当せん金を受け取る事になっています。
そこで、高額当せん金を受け取る時に、みずほ銀行で『当せん証明書』を受け取っておく必要があります。
これがなければ税務調査に入られた時、脱税と疑われたり、この高額なお金はどの様にして入手したのか、犯罪者扱いして税務署員から追及を受ける事になります。
高額賞金を受け取りに行くと、興奮してしまって『当せん証明書』の事が頭からすっかり抜けてしまって、つい受け取るのを忘れてしまいがちです。
落ち着いて行動して下さいね。

次に、
7億円を独り占めして、嬉しさあまりに親族の人や友人に、お小遣いや!!と言って、現金を贈与したりすると、現金を受け取った人に贈与税が課税される事になります。
注意して下さいね!!。

もし、現金を贈与したい場合は、共同購入した事にして、当せん金を受け取りに行く時に、現金を受け取ろうとしている人全員が、一人ひとり『当せん証明書』の発行を受けておけば、全員非課税になります。
これを忘れない様にして下さい。

こんな夢の出来事が、いつ訪れるのか、夢のまた夢ですね。
頑張って、日商簿記3級の資格を取得しよ。

 

(2019年8月31日(土) 23:24)

前の記事

次の記事

新着記事

大学4回生の方、最後のチャンスです!!。今から勉強を始めれば卒業までに日商簿記3級検定試験の資格取得が可能です!!(令和2年2月23日(日)受験向け)。 令和元年11月17日(日)実施の第153回日商簿記3級検定試験受験に乗り遅れてしまった方、卒業までに日商簿記3級検定試験の取得を目指し...

『めざせ日商簿記2級合格講座』では、 第155回(令和2年6月実施)日商簿記2級受験者向け講座の受講生募集を開始致しました。令和元年12月初旬より受講可能です。 第153回(令和元年11月17日(日)実施)日商簿記3級検定試験合格後に『日商簿記2級検定試験を目指してみようかな!?』とお...

『めざせ日商簿記3級合格講座』では、 第154回(令和2年2月23日(日)実施)日商簿記3級検定試受験向け、平日・夜のコースの受講希望者(限定2名様)の募集を開始致しました。 詳細な受講日程は体験レッスン時に、最終受講終了予定日と試験までの試験対策の調整を行います。 今回の募集は...

第153回(令和元年11月17日(日)実施)日商簿記3級検定試験の申し込みは完了しましたか!?。2019年度中に日商簿記3級は合格しましょう!!。 毎回ブログに書きますが、令和元年6月実施の第152回日商簿記3級検定試験より出題内容が大幅に改訂され、学習内容も出題範囲が広がるとともに、学...

第154回(令和2年2月23日(日)実施)日商簿記3級検定試験受験コースの受講生募集を開始致しました!!。 今から、ゆったりと時間を活用して日商簿記3級検定試験の資格取得を目指してみませんか!!。 特に、大学2回生(令和元年9月現在)の方、来年大学3回生になれば将来の自身の仕事の方向性...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta