サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 はじめての日商簿記3級試験講座 スクールブログ 厳しい先輩には...

厳しい先輩には感謝しましょう(^_-)

皆さんは学生時代や社会に出た際に厳しい先生、先輩に出会った経験はありますか?私は就職後の数年間は厳しい先輩に多く出くわしました。小中高から大学まで比較的緩い環境だったので、余計にそのように感じたのかもしれません。名刺や手土産の渡し方から宴席での振る舞い、それこそ箸の上げ下ろしまで指導される毎日でした。

ある先輩からは社会人としての勉強の仕方を教わりましたが、その1つに簿記の学習も入っておりました。「お前はこのままボーッと毎日を過ごすと悲惨な50代になるから、かくかくしかじかの勉強をしたほうが良い」といったアドバイスでした。

当時は「大きなお世話だ、放っておいてくれ」と感じましたが、今となってはあの時が運命の分かれ道だったと感謝の気持ちです。数十年ぶりに当時の先輩と再会するとそれらの思い出話になりますが、決まって「そんなこと言ったかな?」とおっしゃる方ばかりです。下に指導することが当たり前の時代だったのかもしれません。

時代は変わり、そのような指導は少なくなりましたが、ある意味下の者からすると不幸かもしれません。厳しい先輩に指導された際には「ありがとうございます」と感謝しましょう。

 

(2018年10月28日(日) 16:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2万人を教えた研修講師!「短時間でわかりやすい」授業でどんどん身に付く

新着記事

皆さんは「未来の履歴書」を書いたことがありますか? 履歴書は現時点の学歴・職歴、資格、特技等を記入し就職や転職の際に使うものですが、皆さんには5年後の自分をイメージして書いてみることをオススメします。 まずは住所。飛ばしてはいけません。郊外の一軒家ですか?都心のタワーマンションですか?...

皆さんは学生時代や社会に出た際に厳しい先生、先輩に出会った経験はありますか?私は就職後の数年間は厳しい先輩に多く出くわしました。小中高から大学まで比較的緩い環境だったので、余計にそのように感じたのかもしれません。名刺や手土産の渡し方から宴席での振る舞い、それこそ箸の上げ下ろしまで指導される毎日...

前回のブログでは「諦めて途中脱落する人」を書きましたが、もう1つ残念なパターンに「試験当日に風邪で体調不良の人」というのがあります。 試験に限らず仕事においても、ここ一番!という日に体調不良というのは運が悪いというより、自己管理能力が問われても仕方ありません。手洗い、うがい、マスク、食事...

日商簿記検定試験日まで1ヶ月余りとなりました。学習が進んでいる方はアウトプットの時期となり、逆にインプットがまだ半分程度の方、さらにはこれからスタートする方もいらっしゃることでしょう。 ところで、この時期になると毎回見受けられる現象があります。それは「諦めて途中脱落する人」です。受検申し...

こちらの写真(上段)は通りかかった飲食店の入口に掲示されていた定休日案内をそのまま再現したものです。パッと見てどのように感じますか? 突っ込みどころが満載ですが、これは研修業界でありがちな分かりにくい伝え方です。セミナー資料であれば読み返すことで理解できますが、話し手の発信する言葉がこの...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ