サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 めざせ日商簿記3級合格講座 スクールブログ 第150回(平...

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記3級試験対策(第3問/第4問/第5問対策編)

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記3級試験対策(第3問/第4問/第5問対策編)!!。

さて、今回は残りの第3問、第4問、第5問対策について予想を立ててみたいと思います。

第3問対策

第3問は、やはり試算表の出題が濃厚と思われます。

1.合計残高試算表(第140回、第146回、第146回、第149回)

2.残高試算表(第141回、第143回、第147回、第148回)

3.合計試算表(第139回、第142回、第144回、第145回)

試算表の問題は第3問の定番ですので、必ず3回は解いておきましょう!!。
ただし、出題の傾向としては、いろんな組み合わせで問題が作成されておりますので、全問題のパターンが出題されても30点(満点)は取れる様に学習しておきましょう。
今回は、集約取引から残高試算表を作成する問題が濃厚です。

もし、試算表の問題がスルーされた場合は、伝票の集計から仕訳日計表(集計表)を作成し、総勘定元帳(T勘定)への転記をする問題も可能性があります。
特に注意しなければならないのは、総勘定元帳へ転記した場合の相手科目は『仕訳日計表(集計表)』になる事です。

出題回数が少ないため仕訳集計表を作成する問題数は少ないと思いますが、お持ちの問題集で何回も練習をしておいて下さい。
この問題のポイントは、絶対に集計ミスをしない事!!です。
ただし、第4問に出題される可能性もありますので注意して下さい。

第4問対策として、

1.伝票起票(集約式、及び分解式の伝票発行問題)
  第4問の常連客見たいのものですので、過去の既出問題集で確認して下さい。

2.勘定記入の問題
  この問題は、第2問か第4問の出題になり、第4問での出題は第147回の出題1
  回だけですが、第2問では第148回、第149回と連続で出題されていますので
  見直しだけはしておいてください。

前回(第149回)は、穴埋め問題が出題されましたので今回の出題は無いと思いますが、第4問で補助簿の選択が出題される可能性もありますので、補助簿の選択問題は必ず見直しをして下さい(第143回、第146回、第2問で出題)。

第5問対策として、

前回は精算表が出題されると予想したのですが、ものの見事に空かされてしまいました。

今回は、精算表の出題が濃厚と思われますので精算表重視で第5問対策をして下さい。
ただし、試験は何が出題されるか分りませんので、財務諸表(貸借対照表、損益計算書)を作成する問題も一度は解いておいて下さい。

決算修正事項は、常時出題されている決算修正仕訳になると思いますので、過去の既出問題は全問解いておいてください。
ただし、消耗品費勘定から期末たな卸高額を消耗品勘定へ振替える仕訳は出題されませんのでご安心ください。

今からであれば、全問見直しをする余裕はあると思います。
まだ、日数があるからと言ってスタート時期を遅らせてしまうと後悔する事になるかもしれませんので、時間を有効に使って受験勉強に取り組んで下さい。

日商簿記3級に合格した暁には、日商簿記2級の資格取得を目指して下さいね。

では、合格をお祈りいたします。

 

(2018年10月11日(木) 22:38)

前の記事

次の記事

新着記事

この頃、めっきり風が冷たくなって来ました。 私の周り(受講生の中)にもマスクをして、風邪をひいている生徒さんが増えて来ています。 毎日気温が一定していれば良いのですが、温かくなったり、急に冷え込んだり、洋服を選ぶのも、身体を調整するのも、本当に大変です。 特に、寝ているときに...

お礼!!『めざせ日商簿記1級合格講座』ブログ・アクセス数10,000件達成!! 本日(2018年10月16日(火))、『めざせ日商簿記2級合格講座』に続き、『めざせ日商簿記1級合格講座』ブログ・アクセス数が10,000件に達成致しました。 『めざせ日商簿記2級合格講座』 『めざせ...

この度、第149回(平成30年6月10日(日)実施)日商簿記1級合格者に引き続き、サイタ受講生から『青山学院大学大学院/会計プロフェッション研究科』入試の合格者が出ました!!。 『青山学院大学大学院/会計プロフェッション研究科』入試に合格した彼女は、現在当『めざせ日商簿記2級合格講座』を...

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記3級試験対策(第3問/第4問/第5問対策編)!!。 さて、今回は残りの第3問、第4問、第5問対策について予想を立ててみたいと思います。 第3問対策 第3問は、やはり試算表の出題が濃厚と思われます。 1.合計残高試算表...

『平成31年(2019年)度以降の日商簿記3級検定試験出題区分表の改定等について』として、日本商工会議所が公表している日商簿記3級の改訂趣旨の説明の中で、最後に『なお、本改定にともない、本年度(2018年度)の簿記検定試験においては、2019年度にかけて継続的に学習する受験者等を考慮し、改定後...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ