サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 はじめての日商簿記3級試験講座 スクールブログ 仕事が忙しくて...

仕事が忙しくて時間がない??

日商簿記検定試験日まで1ヶ月余りとなりました。学習が進んでいる方はアウトプットの時期となり、逆にインプットがまだ半分程度の方、さらにはこれからスタートする方もいらっしゃることでしょう。

ところで、この時期になると毎回見受けられる現象があります。それは「諦めて途中脱落する人」です。受検申し込みはしたものの、試験当日に空席になる人です。
彼らに「なぜ脱落したのか?」と聞くと「仕事が忙しくて試験勉強が十分出来なかったから」という答えが返ってきます。さてこれは真の理由でしょうか?

よくよく聞いてみると「仕事の進め方の段取りが悪く、他人が1時間で完了する業務に3時間要してしまい、勉強しようと思っても疲れて出来なかった」が正確なようです。

不思議なもので、人の何倍もの業務量を抱えているにもかかわらず時間に余裕のある人がいます。そのような人の仕事の進め方をみると「業務をパターン化」していることが分かります。例えば新たな資料作りをする際には過去の数パターンを引っ張りだし、はめ込みするだけなので早く完了します。同じく思考回路もパターンを持っています。「この新企画ならあれを応用すれば良さそうだ」となるわけです。

このような方に共通しているのは、20代~30代に相当勉強(机上以外も含めて)に取り組んでいる点です。勘、度胸、愛嬌だけで逃げ切ろうという時代は終わりましたので、皆さんもここで踏ん張りましょう(^_-)

 

(2018年10月11日(木) 21:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2万人を教えた研修講師!「短時間でわかりやすい」授業でどんどん身に付く

新着記事

ボランティアで大学生の就活支援(エントリーシートの書き方、面接でのプレゼン手法など)を行っておりますが、今年も多くの大手企業に内定者を輩出しました。 内定者には祝福とともにこれからの長い仕事人生についてアドバイスをしております。それは20代は休むことなくガムシャラに働き、30代での転職活...

研修講師という仕事をしていると前方から色々なことが見えてきます。受講態度(挨拶、座り方、顔の向き、姿勢など)を見れば3年後に伸びる人と去る人が予想できます。 保険販売のための知識の研修であれば「誰もが知っていること」→「体系立てて知識を整理する方法」→「プラスαの知っておくと便利なこと」→「...

皆さんは「未来の履歴書」を書いたことがありますか? 履歴書は現時点の学歴・職歴、資格、特技等を記入し就職や転職の際に使うものですが、皆さんには5年後の自分をイメージして書いてみることをオススメします。 まずは住所。飛ばしてはいけません。郊外の一軒家ですか?都心のタワーマンションですか?...

皆さんは学生時代や社会に出た際に厳しい先生、先輩に出会った経験はありますか?私は就職後の数年間は厳しい先輩に多く出くわしました。小中高から大学まで比較的緩い環境だったので、余計にそのように感じたのかもしれません。名刺や手土産の渡し方から宴席での振る舞い、それこそ箸の上げ下ろしまで指導される毎日...

前回のブログでは「諦めて途中脱落する人」を書きましたが、もう1つ残念なパターンに「試験当日に風邪で体調不良の人」というのがあります。 試験に限らず仕事においても、ここ一番!という日に体調不良というのは運が悪いというより、自己管理能力が問われても仕方ありません。手洗い、うがい、マスク、食事...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ