サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 はじめての日商簿記3級試験講座 スクールブログ 仕事が忙しくて...

仕事が忙しくて時間がない??

日商簿記検定試験日まで1ヶ月余りとなりました。学習が進んでいる方はアウトプットの時期となり、逆にインプットがまだ半分程度の方、さらにはこれからスタートする方もいらっしゃることでしょう。

ところで、この時期になると毎回見受けられる現象があります。それは「諦めて途中脱落する人」です。受検申し込みはしたものの、試験当日に空席になる人です。
彼らに「なぜ脱落したのか?」と聞くと「仕事が忙しくて試験勉強が十分出来なかったから」という答えが返ってきます。さてこれは真の理由でしょうか?

よくよく聞いてみると「仕事の進め方の段取りが悪く、他人が1時間で完了する業務に3時間要してしまい、勉強しようと思っても疲れて出来なかった」が正確なようです。

不思議なもので、人の何倍もの業務量を抱えているにもかかわらず時間に余裕のある人がいます。そのような人の仕事の進め方をみると「業務をパターン化」していることが分かります。例えば新たな資料作りをする際には過去の数パターンを引っ張りだし、はめ込みするだけなので早く完了します。同じく思考回路もパターンを持っています。「この新企画ならあれを応用すれば良さそうだ」となるわけです。

このような方に共通しているのは、20代~30代に相当勉強(机上以外も含めて)に取り組んでいる点です。勘、度胸、愛嬌だけで逃げ切ろうという時代は終わりましたので、皆さんもここで踏ん張りましょう(^_-)

 

(2018年10月11日(木) 21:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2万人を教えた研修講師!「短時間でわかりやすい」授業でどんどん身に付く

新着記事

今年もボランティアで大学生3年生向けの就活支援を行っております。自己分析のやり方、自己PRの作り方、模擬面接の3ステップで進めていきますが、1つ1つ丁寧に教えていく方法はとりません。理由は自分で思考するクセがつかなくなるからです。 10やるべきことがある場合、まずは全体像を伝え、やるべき...

いよいよ令和の幕開けです。皆さまは令和初日の本日をどのように過ごされていらっしゃいますか? 今から30年前、昭和から平成になったとき私は大学1年生でした。もちろん当時はスマホやネット環境もなく、face to faceのコミュニケーションが不可欠でした。景気もバブル前夜で、クルマを所有す...

皆さんにとって最も勉強が捗る場所ってどこでしょうか? 自分の部屋、カフェ、図書館、電車の中・・色々あると思います。私は電卓を使う科目以外は会社出勤前のカフェで終わらせています。試験の本番当日は会場の周りが騒々しいところもあるので、多少喧騒の中でも集中するトレーニングにもなります。 そし...

学習効果を高めるには食事、運動、睡眠の3つのバランスが大切です。その中でも私が最も重視しているのは食事です(笑)。 過去に合格したさまざまな試験の直前期を振り返ると食事のパワーは侮れません。ここでいう食事とは栄養バランス云々ではなく、単純に旨いものです。好きなものを好きなだけ食べる、カネは惜...

以前「『見える化』学習のススメ」ではインプットとアウトプットのバランスについてお伝えしました。 1つ1つの項目は理解できても、いざアウトプットしようとすると解答に辿り着かないことはすべての学習の共通点といえます。特に簿記のように全体像が見えないと各項目の理解が進めにくい科目の場合、1つの...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ