サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 はじめての日商簿記3級試験講座 スクールブログ なぜ簿記の学習...

なぜ簿記の学習は面白くないのか?

先日、親戚の大学1年生から簿記の授業のテキストを見せてもらいましたが、「これは簿記嫌いを増やすことが目的なのか?」というレベルのコンテンツでした(先生は研究の傍らで一生懸命作成されたと思うのですが)。
人と同じで、簿記の学習も初対面の印象が悪いとなかなか身が入らないものです。

私が受講者に教える際にはまず「簿記の学習がなぜ面白くないのか?」という点を明確にします(笑)。詳細は体験レッスンでお伝えしますが、一言でいうと「ガチガチに決まったルールに沿って処理するだけだから」という理由です。
例えば社会保険労務士の試験であれば国の保障制度というルールを学習しますが、そこには制定の背景や政治的なやり取りといった裏話が色々あったり、判例の解釈もさまざまありますので面白く学習を進めることができます。ところが簿記は「借方・貸方にこの科目と金額」「合計は左右一致」と決まったルールを淡々と処理するだけなので、初心者からすると無味乾燥に見えるのかと思います。
そこで私のレッスンでは企業のストーリーが見えるようにお伝えしていきます。

余談になりますが、私が簿記の学習をしたきっかけは20代後半に生命保険会社へ出向した際に受けた研修でした。講師の先輩が「企業に保険を販売する際には経理処理の知識が必要だ。とりあえず現金の位置だけ覚えておけ!」「お客さまが保険料を支払うときは右、保険金を受け取るときは左だ!」「今から俺がボールを投げるから受け取れ。ほれ!な、左手でキャッチしただろ?だから左だ。今度は俺に投げろ。そう右手で投げただろ?だから払うときは右なんだ。左利きの奴は逆で覚えてくれ、以上!」こんな感じでした。
これはヤバい、ちゃんと勉強しないと!とモチベーションが上がったものです。

ちなみに2級を取得するあたりから簿記の面白さが分かってきますのでご安心ください。念のため。

 

(2018年8月31日(金) 8:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2万人を教えた研修講師!「短時間でわかりやすい」授業でどんどん身に付く

新着記事

学習効果を高めるには食事、運動、睡眠の3つのバランスが大切です。その中でも私が最も重視しているのは食事です(笑)。 過去に合格したさまざまな試験の直前期を振り返ると食事のパワーは侮れません。ここでいう食事とは栄養バランス云々ではなく、単純に旨いものです。好きなものを好きなだけ食べる、カネは惜...

以前「『見える化』学習のススメ」ではインプットとアウトプットのバランスについてお伝えしました。 1つ1つの項目は理解できても、いざアウトプットしようとすると解答に辿り着かないことはすべての学習の共通点といえます。特に簿記のように全体像が見えないと各項目の理解が進めにくい科目の場合、1つの...

先月は延べ350名の方へセミナーを実施しましたが、この仕事もご多分に漏れずデジタル化が加速しております。仕事人向けのセミナーは資格試験のように知識やノウハウを高めれば合格に近づくという単純なものではありませんが、例えば知識のインプット部分は動画視聴で対応したり、セミナー終了時のアンケートはスマ...

私がよく利用するカフェがありますが、ここの従業員さんは接客対応が良く、何よりも楽しそうに働いています。 どの職場でも楽しそうに働いている人もいれば、不満だらけでつまらなそうに働いている人もいます。この違いを表すものとして「仕事と作業の違い」があります。 作業は上から言われたことをひたす...

ボランティアで大学生の就活支援(エントリーシートの書き方、面接でのプレゼン手法など)を行っておりますが、今年も多くの大手企業に内定者を輩出しました。 内定者には祝福とともにこれからの長い仕事人生についてアドバイスをしております。それは20代は休むことなくガムシャラに働き、30代での転職活...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ