サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 はじめての日商簿記3級試験講座 スクールブログ 簿記の知識って...

簿記の知識って役に立つ?

日商簿記に限らず、勉強を進めるなかで最も大切なことは最後までやり抜く強い意思をもつことです。経理部門に配属されて取得せざるを得ないという方はともかく、取得の目的がボンヤリとしたままスタートする方が日商簿記3級受験者の多数を占めるかと思います。

巷では「簿記の知識がなくても財務諸表は読める」といった書籍や、さらには「簿記の知識は役に立たない」と言う人もいますので「取得する意味があるのかな?」とグラつくこともあるでしょう。

本当のところはどうなのでしょうか?
結論からいうと「仕事をするうえで簿記の知識があると効率的で便利」というレベルです。試験に合格しても便利な使い方をしていない方が多くいるのも事実なので「役に立たない」という意見が出るのでしょう。

私は保険会社の勤務経験しかありませんが、企業の社長向けに生命保険の提案(死亡保障、退職金、相続・事業承継など)をする際には決算書のどのあたりをキーにすればスムーズにご理解いただけるかという視点は簿記の知識は不可欠です。また保険会社の決算書は一般の企業と表示は異なりますが、見越・繰延のオンパレードです。さらには部下の人事評価をする際には工業簿記や期間配分の考え方が役に立ちます。

私自身もまだまだ勉強することが山ほどありますが、それが全く苦にならないのは「取得後の使い方」を熟知しているからと思います。せっかく勉強するのであれば「この部分ってあんなところに役に立つかも」と想定しながら進めることをオススメします。

 

(2018年8月16日(木) 10:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2万人を教えた研修講師!「短時間でわかりやすい」授業でどんどん身に付く

新着記事

今年もボランティアで大学生3年生向けの就活支援を行っております。自己分析のやり方、自己PRの作り方、模擬面接の3ステップで進めていきますが、1つ1つ丁寧に教えていく方法はとりません。理由は自分で思考するクセがつかなくなるからです。 10やるべきことがある場合、まずは全体像を伝え、やるべき...

いよいよ令和の幕開けです。皆さまは令和初日の本日をどのように過ごされていらっしゃいますか? 今から30年前、昭和から平成になったとき私は大学1年生でした。もちろん当時はスマホやネット環境もなく、face to faceのコミュニケーションが不可欠でした。景気もバブル前夜で、クルマを所有す...

皆さんにとって最も勉強が捗る場所ってどこでしょうか? 自分の部屋、カフェ、図書館、電車の中・・色々あると思います。私は電卓を使う科目以外は会社出勤前のカフェで終わらせています。試験の本番当日は会場の周りが騒々しいところもあるので、多少喧騒の中でも集中するトレーニングにもなります。 そし...

学習効果を高めるには食事、運動、睡眠の3つのバランスが大切です。その中でも私が最も重視しているのは食事です(笑)。 過去に合格したさまざまな試験の直前期を振り返ると食事のパワーは侮れません。ここでいう食事とは栄養バランス云々ではなく、単純に旨いものです。好きなものを好きなだけ食べる、カネは惜...

以前「『見える化』学習のススメ」ではインプットとアウトプットのバランスについてお伝えしました。 1つ1つの項目は理解できても、いざアウトプットしようとすると解答に辿り着かないことはすべての学習の共通点といえます。特に簿記のように全体像が見えないと各項目の理解が進めにくい科目の場合、1つの...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ