サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 はじめての日商簿記3級試験講座 スクールブログ 簿記の知識って...

簿記の知識って役に立つ?

日商簿記に限らず、勉強を進めるなかで最も大切なことは最後までやり抜く強い意思をもつことです。経理部門に配属されて取得せざるを得ないという方はともかく、取得の目的がボンヤリとしたままスタートする方が日商簿記3級受験者の多数を占めるかと思います。

巷では「簿記の知識がなくても財務諸表は読める」といった書籍や、さらには「簿記の知識は役に立たない」と言う人もいますので「取得する意味があるのかな?」とグラつくこともあるでしょう。

本当のところはどうなのでしょうか?
結論からいうと「仕事をするうえで簿記の知識があると効率的で便利」というレベルです。試験に合格しても便利な使い方をしていない方が多くいるのも事実なので「役に立たない」という意見が出るのでしょう。

私は保険会社の勤務経験しかありませんが、企業の社長向けに生命保険の提案(死亡保障、退職金、相続・事業承継など)をする際には決算書のどのあたりをキーにすればスムーズにご理解いただけるかという視点は簿記の知識は不可欠です。また保険会社の決算書は一般の企業と表示は異なりますが、見越・繰延のオンパレードです。さらには部下の人事評価をする際には工業簿記や期間配分の考え方が役に立ちます。

私自身もまだまだ勉強することが山ほどありますが、それが全く苦にならないのは「取得後の使い方」を熟知しているからと思います。せっかく勉強するのであれば「この部分ってあんなところに役に立つかも」と想定しながら進めることをオススメします。

 

(2018年8月16日(木) 10:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2万人を教えた研修講師!「短時間でわかりやすい」授業でどんどん身に付く

新着記事

研修講師という仕事をしていると前方から色々なことが見えてきます。受講態度(挨拶、座り方、顔の向き、姿勢など)を見れば3年後に伸びる人と去る人が予想できます。 保険販売のための知識の研修であれば「誰もが知っていること」→「体系立てて知識を整理する方法」→「プラスαの知っておくと便利なこと」→「...

皆さんは「未来の履歴書」を書いたことがありますか? 履歴書は現時点の学歴・職歴、資格、特技等を記入し就職や転職の際に使うものですが、皆さんには5年後の自分をイメージして書いてみることをオススメします。 まずは住所。飛ばしてはいけません。郊外の一軒家ですか?都心のタワーマンションですか?...

皆さんは学生時代や社会に出た際に厳しい先生、先輩に出会った経験はありますか?私は就職後の数年間は厳しい先輩に多く出くわしました。小中高から大学まで比較的緩い環境だったので、余計にそのように感じたのかもしれません。名刺や手土産の渡し方から宴席での振る舞い、それこそ箸の上げ下ろしまで指導される毎日...

前回のブログでは「諦めて途中脱落する人」を書きましたが、もう1つ残念なパターンに「試験当日に風邪で体調不良の人」というのがあります。 試験に限らず仕事においても、ここ一番!という日に体調不良というのは運が悪いというより、自己管理能力が問われても仕方ありません。手洗い、うがい、マスク、食事...

日商簿記検定試験日まで1ヶ月余りとなりました。学習が進んでいる方はアウトプットの時期となり、逆にインプットがまだ半分程度の方、さらにはこれからスタートする方もいらっしゃることでしょう。 ところで、この時期になると毎回見受けられる現象があります。それは「諦めて途中脱落する人」です。受検申し...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ