サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験愛知 楽しくまなぶ日商簿記3級レッスン スクールブログ 簿記3級、来年...

簿記3級、来年度からは○○の読み取りが出題されます!

皆さん、こんにちは。
昨日は名古屋にて開催された、日本商工会議所主催の簿記指導者向けのセミナーに参加してきました。

今回のメインテーマは来年度に大幅改定される簿記3級の試験範囲についてでした。

試験範囲とは直接関係ないのですが、今後は和暦(元号)表記ではなく、西暦表記になりますねーというお話もありました。

試験問題にもよく、「平成×1年12月31日に、、」と出されますね。
今後は20××年とかになりそうですね。

さて本題ですが、サンプル問題を頂きまして。
今回の改定でいいな、と思ったのが、「証憑」の読み取りです。
「証憑(しょうひょう)」って聞き慣れないかもしれませんが、レシートや領収書、請求書などの、取引の証拠となる書類のことです。

これまで簿記検定は、ほとんどが取引を文章で表現していました。
例えば、「7月28日に名古屋商店よりA商品200,000円を仕入れ、代金は掛けとした」というようにです。
それが、次回からは名古屋商店が作成した請求書をもとに仕訳をするという、証憑を読み取る出題もあるのです。
請求書には、商品の数量や単価などの明細表、「代金は翌月末までにお支払下さい」というような文言が記載されています。

実務では、取引が文章化されている、なんてことはないわけなので、この証憑類をもとに取引を記録します。
学習の段階から証憑の読み取りに慣れておくのは、とてもいいですね。

今年度(2019年2月検定まで)は、改定後の新論点は出題されません。
そして、削除論点も出題可能性が極めて少ないですから、学習範囲は狭いといえますね。

改定前の今年度、11月検定、2月検定を目指すなら、今がチャンスです♪

 

(2018年7月28日(土) 19:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

税理士事務勤務!資格スクールや大学でも指導経験のあるコーチがレクチャー

新着記事

いいんです! もちろん丸暗記を推奨してるわけではありません。 簿記3級であれば、本来暗記するものはないくらいです。 でも短期間で合格するために、時には語呂合わせや暗記も使えます! 私が簿記3級の学習を始めたとき、なかなかすんなりとマスターできなかった仕訳があります。 決算...

皆さん、こんにちは。 昨日は名古屋にて開催された、日本商工会議所主催の簿記指導者向けのセミナーに参加してきました。 今回のメインテーマは来年度に大幅改定される簿記3級の試験範囲についてでした。 試験範囲とは直接関係ないのですが、今後は和暦(元号)表記ではなく、西暦表記になりますね...

皆さんはスイミングスクールに通ったことはありますか? 私は泳ぎが苦手だったので、小学生の頃、短期講習に通ったのを覚えています。 ちなみに平泳ぎは泳げません、、。 スイミングはコーチがまず泳法を教えてくれますね。 クロールなら手の動かし方や、息継ぎの仕方、キックの仕方などでしょうか。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ