サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 めざせ日商簿記3級合格講座 スクールブログ 遂に、会計ソフ...

遂に、会計ソフトもここまで進化したか!!。

とある会計ソフトで、インターネット・バンキングと連携し、預金口座の入出金データを会計ソフトに取り込みすれば、また、スマート取引を使用して、スキャナーで領収書読み込むだけで、会計ソフトに自動仕訳入力が出来るシステムが商品化され、販売が開始された。

従来、打鍵件数が多いだけで1枚の伝票入力に時間が費やされたが、この入力に費やされる時間が短縮されれば、経理事務の仕事も非常に楽になる。

では、この商品を導入すれば、経理事務員の仕事は、やはり10年後に無くなる仕事に該当し、経理事務職の仕事は完全になくなるのだろうか!?。

会計ソフトに入力する仕事は軽減されても、領収書、請求書、納品書等の保管管理作業や、銀行への出納業務等は、次世代のAIやロボットが出来るのだろうか!?。
いや、出来ないであろう。

突然、銀行の窓口に『〇〇会社の者です』ってロボットがやって来て『500万円の入金処理をお願いします』と言われれば、銀行の窓口の行員も驚くが、行員は入金処理を容易にしてくれるであろう。

また、ロボットが、受取った約束手形や小切手を銀行の窓口に提示して、預け入れ手続きを行う事もあるかもしれません。
この預入手続きも容易に出来るだろう。

こういった光景が日常化すれば世の中はロボットだらけになって、人間の様に抵抗する事が出来なければ、ロボットが銀行に行く途中で襲われ、そして壊され、最後に持ち逃げされ、盗難事故が多発し、世の中は犯罪都市化される世の中になるかも知れません。
物騒な世の中の誕生です。

人間の手で作業が出来ない部分は新しいシステムに頼るのは良いけれど、やはり人間の知恵や手でなければ出来ない事は沢山存在するはずである。

けして経理事務員の仕事がなくなる訳ではないので、もしロボットが導入されて経理事務員としての職を失いかけた時、あなた自身の必要性をアピール出来る様に、正しく、正確な知識を資格取得を通して、未来のあなたのために力を蓄えて行きましょう。

 

(2018年7月18日(水) 17:42)

前の記事

次の記事

新着記事

令和元年8月から9月の『めざせ日商簿記3級合格講座』体験レッスン、及び通常レッスンの実施可能日時をお知らせ致します。 下記の実施可能日時は、現在サイタ受講生様のレッスン事前予約の日時を除外した日程になっています。 また、8月以降に実施予定の摂南大学寝屋川キャンパス、および帝塚山大学東生...

第153回(令和元年11月17日(日)実施)日商簿記3級検定試験を初めて受験される皆さん、および第152回日商簿記3級を惜しくも不合格になり、第153回日商簿記3級検定試験にリベンジを・・・とお考えの皆さんへの、お薦めの問題集です。 令和元年6月9日(日)実施の第152回日商簿記3級検定...

令和元年7月から8月の『めざせ日商簿記3級合格講座』体験レッスン、及び通常レッスンの実施可能日時をお知らせ致します。 下記の実施可能日時は、現在サイタ受講生様のレッスン事前予約の日時を除外した日程になっています。 また、8月以降に実施予定の摂南大学寝屋川キャンパス、および帝塚山大学東生...

近頃の大学生は・・・・と、スマホの普及と時代の流れ。 皆さん、電卓ってどの様にして使用しますか!?。 右手で電卓を使いますか!?。 右手で電卓を入力をする方は、子供の頃から算盤を習っていて、3級になれば伝票計算が有るので左手で伝票をめくる癖がついているはずです。 ところが、...

第152回日商簿記3級検定試験で、惜しくも不合格になってしまった皆様へ。 次回の第153回日商簿記3級検定試験は、令和元年11月17日(日)です。 今から考えると、約5か月間も、たっぷり時間が有ります。 からと言って、試験〇〇月前からリベンジに向けて受験勉強を始めたら良いはと考えてい...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta