サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 めざせ日商簿記3級合格講座 スクールブログ 年末調整の時に...

年末調整の時に聞く合計所得金額ってなに!?。

年末調整を行う場合に扶養親族の判定を行う時に合計所得金額が38万円以下の生計をいつにする親族と言われるけど、合計所得金額ってなに!?。

所得税額を算定する場合、先ずは所得税法上に規定する各種所得の金額を求めて、そこから損益通算を適用して合計所得金額を求め、さらに合計所得金額から純損失の繰越控除、雑損失の繰越控除を差引いて課税標準を求めます。

※ この説明上、所得税法を学習していないとわからないと思いますので、この説明上では、租税特別措置法に規定する課税標準は除外いておきます。

先ず、所得税法、法人税法、相続税法の考え方は、その年(事業年度)に生じた所得に対して課税を行い、納税額を算出致しますので、原則複数年の所得に対して課税を行う事は考えていません。

では、合計所得金額は所得税法の問題ですので所得税法で説明します。
課税標準を求める際、先程説明致しましたが、合計所得金額から課税標準を求めるまでに純損失の繰越控除、雑損失の繰越控除を適用して課税標準を求めています。

純損失の繰越控除とは、不動産所得の金額、事業所得の金額、山林所得の金額、譲渡所得の金額(総合課税のみ考えて下さい)の計算上生じた損失の金額を他の所得と通算して所得を計算し、その年分で控除しきれなかった損失は、翌年以降3年間の所得から控除出来る規程が純損失の繰越控除です(確定申告が申告要件になります)。

雑損失の繰越控除は、災害等により個人資産に甚大な損失が生じた場合、雑損控除を受ける事が出来ますが、その年分で控除しきれない金額がある時は、純損失の繰越控除と同様に、翌年以降3年間の所得からその損失を控除出来るシステムです。

つまり、暦年単位で納税額を算定する事を前提にしていますが、純損失の繰越額、雑損失の繰越額を、その年分の所得から控除してしまうと暦年ではなく、前年と当年の2年間の通算になってしまい暦年単位課税の法令が矛盾してしまいます。

このため、暦年単位課税を明確にするために合計所得金額が求められています。

少し難しいですが、日商簿記1級検定合格(日商簿記検定受験終了)後、所得税法を勉強してみて下さい。

 

(2018年7月18日(水) 2:48)

前の記事

次の記事

新着記事

お礼!!『めざせ日商簿記1級合格講座』ブログ・アクセス数10,000件達成!! 本日(2018年10月16日(火))、『めざせ日商簿記2級合格講座』に続き、『めざせ日商簿記1級合格講座』ブログ・アクセス数が10,000件に達成致しました。 『めざせ日商簿記2級合格講座』 『めざせ...

この度、第149回(平成30年6月10日(日)実施)日商簿記1級合格者に引き続き、サイタ受講生から『青山学院大学大学院/会計プロフェッション研究科』入試の合格者が出ました!!。 『青山学院大学大学院/会計プロフェッション研究科』入試に合格した彼女は、現在当『めざせ日商簿記2級合格講座』を...

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記3級試験対策(第3問/第4問/第5問対策編)!!。 さて、今回は残りの第3問、第4問、第5問対策について予想を立ててみたいと思います。 第3問対策 第3問は、やはり試算表の出題が濃厚と思われます。 1.合計残高試算表...

『平成31年(2019年)度以降の日商簿記3級検定試験出題区分表の改定等について』として、日本商工会議所が公表している日商簿記3級の改訂趣旨の説明の中で、最後に『なお、本改定にともない、本年度(2018年度)の簿記検定試験においては、2019年度にかけて継続的に学習する受験者等を考慮し、改定後...

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記3級試験対策(第1問/第2問対策編)!!。 さて、日商簿記3級検定試験受験に向けて、しっかりと受験知識の基礎固めが出来ていますか!?。 今回は、第1問仕訳編として、試験までの間(1か月超の期間がありますので)今のうちに見直しをし...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ

日商簿記3級試験情報

サイタの日商簿記3級試験講師がブログを通して、日商簿記3級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記3級試験の先生

@Boki3Cyta